アメリカのリアリティーショーが凄すぎる!チーターズとうとう日本でも有名に

アメリカにはたくさんのリアリティーショーがあります。私も実は好きでいくつか観ていたものがあるんですが、どこまでリアルかは別として、普通の喧嘩はよくあること、テレビの前でも女性同士が髪の毛を引っ張り合って喧嘩なんて日本ではなかなか見ない光景もよくあります。

私もニューヨークのど真ん中でそういった修羅場を見たことがあり、興味半分恐怖半分でした。

でも番組を盛り上げるために少しくらいの「盛り」はあったとしてもやはり日本とは比べものにならない激しさなのでそこが面白かったりします。

最近はそういったアメリカのテレビ番組を日本で紹介する番組が増えてきましたが、とうとうチーターズまで日本で紹介されるようになりました。これは衝撃的ですが、夜7時なんてファミリーの時間帯に大丈夫なんでしょうか(笑)

でもきっとみんな他人事だから楽しく興味津々で見ていられるんですよね。

これが自分となったら、、、恐ろしいです。でもそんな現場を撮られて放送されるのを拒否したりしないんでしょうか。

昔ロンドンブーツの「ガサ入れ」という大人気浮気発見コーナーがありました。その時は淳のするどい浮気発見やツッコミにどんどん暴かれていく依頼者の恋人たちがかわいそうな反面自業自得かも、、なんて見ていました。この番組がこれだけ人気があったのもそれだけ他人の浮気現場に興味がある人が多いんでしょうね。実際どうやってバレるのか、どうやって隠し通すのかなんて勉強するつもりで見てる人も中にはいるのかもしれませんが。。

それにしてもアメリカのチーターズはなんでもアリという気がしますね。男性だけでなく女性の浮気もあったり、浮気相手がなんと同性だったりなんていうのもよくあります。そして浮気している本人ではなく浮気相手と殴り合いの喧嘩、なんていうのもしょっちゅうですよね。こういった番組は他にもいくつかあります。

ティーン向けのリアリティーショーもありますが、やはり親は心配でしょうね。

 

面白いのはチーターズのホームページには浮気をしないほうがいい理由として、浮気をすると平均で月に444ドル、半年で2664ドルもかかるので高いですよ!と言っていることです。

 

そういう問題より、モラルでは、、、という声は置いておいてやっぱりどこでも浮気っていうのはよくあるものなんですね。アメリカは共通の友人との浮気も多いので基本的に他人は疑うという人が多いですね。

 

アメリカの浮気ゴシップでもとくに有名になったのがトワイライト(twilight)の主演女優クリスティン・スチュアート(Kristin Stewart)が同じく恋人で主演男優ロバート・パティンソン(robert pattinson)とラブラブ同棲中になんと同映画監督の既婚者ルパート・サンダースとの浮気現場をキャッチされたことですね。

これはかなり大きく報道されて、それ以来2人、とくにクリスティンはパパラッチに毎日追いかけられることになり、公式に謝罪、浮気相手の監督は奥さん(これまたベテラン女優)に見限られて離婚。クリスティンが大好きだったロバートはショックのあまりしばらく立ち直れず、でも別れたくない気持ちと葛藤していたのですが、周りに絶対別れろととくにロバートの家族に交際を大反対され、一度は復縁しかけましたが、結局完全に別れましたよね。

 

この2人のいく末をいつまでも気にしていた私もゴシップ好きな一人かもしれませんが、やはり一般的に浮気はよくあっても、y有名人となるとその影響力はかなり大きいですしいつまでも話題になったり精神的にもつらいでしょうね。

浮気はしないのが一番ですが、するなら墓場までもっていけという感じでしょう。

それは実際難しいと思いますが。。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ