【感動映像】もらったお金をホームレス仲間に使ったホームレスが亡くなっていた

皆さんはこの感動のホームレスの話を知っているでしょうか。たった半年前にyoutubeに投稿されたあるホームレスの男性の行動が感動を呼び話題になりました。4000万ビューを集めたこのビデオの男性ニッケルさんがL.Aの路地裏で先月こっそりと亡くなっていたことがわかり、悲しみに包まれています。みなさんはこんな男性の生き方をどう思うでしょうか。

スポンサーリンク


 

男性の名前はケンニ・トーマス・ニッケル(Kenni Thomas Nickel)56歳。

 

アメリカでは路上でお金や何かを恵んでくださいというホームレスやNYでは電車の中に物乞いが現れたり、ホームレスを見かける機会も多く、そしてそのホームレスの中には悪質な人もいて、本当はホームレスではないのにそのふりをしてお金をもらう人までいます。

私も実際に、ホームレスではありませんが、普通に買い物途中で『私は旦那に捨てられてお金がないの、どうかこれを買ってもらえないかしら』とおばさんに言われたことがあります(!)アメリカにいくみなさんは誰でも彼でもあげないようちゃんと見極めてくださいね!

 

そんなホームレスの本性を暴くために人々がホームレスの行動をビデオに撮影しながら観察するということがよくあるのですが、その中に、youtubeで4000万ビューを集めた動画が全米の感動を呼んで話題になりました。

 

この映像は涙なしには見られません。。人の善意を悪用する人もいれば、人の善意で他人を幸せにできる人もいる。いろんなことを考えさせられる映像です。

 

 



 

ニッケルさんは路上で物乞いをしていました。そこにこの撮影者のJOSHさんが、『100ドルあげたらどんな風に使うのか』というドキュメンタリー映像を実験で撮影したところ本人も想像しない意外な結果に。

 

まずニッケルさんは突然現れて挨拶するJOSHさんに少しびっくりしながらも丁寧に答えています。JOSHさんから『あんまりお金持ってないんだけど、これ使ってください』と差し出された100ドルに『え、こ、こんなに、だめですよ。。』とかなり動揺しています。

それでもJOSHさんに『いいからとっておいてください』と言われると

『ありがとう、、、ハグしてもいいかな』とJOSHさんにお礼をいい、その後別れてどこかへ立ち去ります。

 

ここまでは人の良さそうなホームレスではあるけどまだどう使うかわからないな、身なりもものすごく汚くは見えないし。。と疑いの目を向けている人も多いはず。

そしてその後ニッケルさんが立ち寄った『リカーショップ(酒屋)』を見て

『やっぱりな、買えるだけ酒を買って飲み明かすんだな』

と思った人も多いと思います。

 

ところがその後のニッケルさんの意外な行動がみんなの感動を呼ぶことに。。

 

ニッケルさんはホームレス仲間のところへ行き、仲間のみんなに次々とさっきリカーショップで買った食べ物を分け与えていくんです。そう、ニッケルさんが買ったものは自分のためのアルコールではなく、みんなと分けるための食料品!

 

一人じゃなく何人もの人に配り歩くニッケルさんの姿に感動したJOSHさんは撮影中にもかかわらず思わずニッケルさんのところに駆け寄り、声をかけます。

 

『さっきはどうも!』

ニッケルさんは少しびっくりして『ああ!あなたはさっきの。。』

『はい、私ずっとあなたを追いかけてたんです。ごめんなさい、あれ、カメラなんだけど、知ってたんですか?』

ニッケルさんの行動がもしかして撮影を意識してだったのか確認すると

『え、全然しらなかったよ』とキョトンとするニッケルさん。

 

JOSHは思わず『これ、あと100ドルなんだけど、あなたのために使ってください』とお金を差し出す。

ニッケルさんは『いいよ、いいよ、』とあまりの出来事に恐縮している様子ですがそのうち身の上を話し始めます。

 

ニッケルさんは両親と住んでいたそうですが、ニッケルさんの育ての父が癌にかかり、ニッケルさんは仕事をやめてつきっきりの看病をしなければならなくなった。そのすぐ後に母親がなくなったそう。

 

そしてその後ホームレスとなったニッケルさんはホームレス仲間もできたようですが、先月にロスの路地裏でアルコール依存で亡くなっているのが発見されたんだとか。

 

なんとも悲しい話ですが、人生はいろいろ。人間は助け合っていかないと生きていけないということですね。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ