超貴重な嵐の大野君デザイン飛行機は来年3月まで!よく見える場所はここ!

嵐の大野くんデザインの飛行機がとうとう披露されましたが、そのデザインがカラフルでカッコよくて話題です。今までもJALやANAなどはディズニーや60周年記念の特別デザインやドラえもんなどなどキャラクターやコマーシャル中心にいろんなデザインを発表していましたがアイドルの手書きデザインは初めてなんではないでしょうか。



 

機体の種類はボーイング777-300型機

ルートは東京ー大阪ー沖縄間

運航期間は今月27日から2016年3月まで

 

ということでとても短い期間なんですよね。なぜこんなに短いのか残念ですが、その分見れた人はラッキーですよね。大野くんは個展を開くほど絵が上手ですが、今回のテーマは2020年のオリンピック。そして”未来への希望”なので日本を象徴するデザインをあちこちに散りばめて描くのは難しかったんじゃないのかなーと思います。

そしてもちろん嵐の各メンバーの顔もちゃんと入ってます。顔写真といってもちょっと漫画風なタッチでイラストとマッチしてますよね。これはファンはもちろん乗る人みんなテンション上がるんじゃないでしょうか。

 

嵐飛行機
(http://whotalking.com)
 

ところで上空に飛んでいるこの飛行機のデザインがちゃんと見れるのってどのくらいの高さなんでしょう。飛行機の機体がよくみえるためには、天気や太陽の高さなどはもちろん、機体の位置や角度にもよりますよね。羽田からへ飛び立つ場合の航路は3通りあるそうです。さて、どこで見たら綺麗にみえるんでしょうか。

 

嵐飛行機2

 
(http://news.mynavi.jp)
 

 

東京から西へ飛ぶ飛行機は神奈川上空を通過することが多いそうなので、まずこの近辺に住んでいる人は観れる可能性がたかいかもしれませんよね。

 

 

実は穴場な場所があるようです。

それが「大船」

 

大船の地域情報のホームページによると、上空を飛ぶ機体がよくみえる航路として3種類あると紹介されています。

 
  1. 横浜→厚木方面へ

  2. 横浜の南側→大船上空→湘南の海岸沿い

  3. 横須賀→三浦半島を横断→相模湾へぬける

 

そしてこの3つをほぼ網羅しているのが大船なんだそう!!(飛行機マニアにはたまらないですね)

 

しかも機体が空を飛び立ってまだ高度が高くない位置なので、飛行機のデザインも綺麗にみえる可能性大なんだとか!

 

1の大船からは北側に見えるこの位置は、天気がいいと太陽が機体をライトアップしてくれて綺麗にみえるそうです。

 

雲のない青空だったら、青い中に白い機体とデザインが浮かび上がってとてもきれいでしょうね!

飛行機の航路は、ぜったいこの場所という風に決まっているわけではないとのことなので、ラッキーなら近くで見えたりすることもあるかもしれません。

でも大船周辺の人たちは空をしょっちゅう見上げていれば、最高に綺麗にみえる瞬間を写真に撮ることができるかも!?

 

2の航路は機体の細部まで見えるかなり近い位置、高度6000mくらいだそう。でも残念なことに、機体の真下が見える角度なので、側面のデザインは、航路が少しずれたりするとみえる可能性があるようです。

 

でも真下からであってもこの飛行機が飛んでいるとわかる位置だったらかなり興奮しますよね!

「チケット買って乗りたい」と言っていた相葉くんがもしかして乗っているかもしれません^^

 

3の航路は残念ながら機体のシルエットは背景に雲があったりする場合みえるようですが、シルエットだけではデザインまでは見れないのでこの航路は諦めたほうが良さそうですね。日没直後で、飛行機にはまだ太陽の光があたっている10分程度の間ならみえる可能性は高いということですが、それは相当ラッキーな人だけかもしれません。

 

しかも日没直後はオレンジ色に光る飛行機雲もとても綺麗なんだとか。確かに日没後の空ってたまに不思議な色をしていてとてもきれいだったりしますよね。

 

今飛んでいる機体の情報はこちらで確認できるので、もしどうしても見たい場合はこのサイトをチェックするのがいいかもしれませんね。

http://www.flightradar24.com/35.37,139.41/9

 

だんだん飛行機マニアになっていきそうです(笑)

 

それにしてもたった9ヶ月しか運行しない嵐デザインの飛行機。しかもオリンピックのプロモーション用なのでとても貴重です。この機会にぜひ見ておきたいですよね!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ