日本が世界一ムーミン好きなのはなぜ?テーマパークの全貌は?ディズニーとの違い

ムーミンといえば、何故かなんとなくみんな知っているキャラクターですよね。ムーミンが何なのか、どんな仲間たちがいるのかまで知ってる人はなかなかのファンだと思いますがムーミンはフィンランド生まれなのですがなぜか日本で大人気。そして世界一を占める日本にとうとうテーマパークがオープンすることに!フィンランドでは期間限定のテーマパークですが日本ではどうなる?



 

2017年に埼玉県飯能市にオープン予定

東京ドーム4個分の広大な敷地の中に大テーマパークを展開予定で、美術館やリゾート、公園などのレジャー施設などのいろんな要素を盛り込んだ大規模な施設にする予定とか。

ムーミン5

(http://www.fashion-press.net)

 

なぜ今になってムーミンのこんな大規模なテーマパークが建設されるんでしょうか。

 

そもそもムーミンってなんとなくは知ってるんだけど一体何!?って思う人も多いんじゃないでしょうか。

 

ムーミンは妖精

フィンランド作家トーべ・ヤンソンによる小説、漫画がもとになって、トーべ・ヤンソンが作り出した架空のキャラクターがムーミン。トロールという北欧に伝わる妖精の一種をモチーフにした独創的なキャラクターで一見「一体なんなの!?」と思わせる外見ですよね。

最近の日本だと、こういう謎の生き物はゆるきゃら扱いになりそうですが、ムーミンもその点は癒し系の風貌で人気があるのかもしれませんね。

1945年にフィンランドで誕生したムーミンの小説ですが、その後どんどん今知られるキャラクターが追加されて1952年には初の絵本「それから どうなるの?」が出版された。

1959年にはドイツでムーミンのパペットアニメーションが放映される

1969年、ムーミンの小説8作目が出版され、日本でも日本制作のアニメ、「ムーミン」と「新 ムーミン」が放送されて日本で大人気となる。

 

という歴史を見ると日本でムーミンが大人気になったのはテレビ放送が始まった1969年と46年も前のことなんですね!どうりで大人から子供まで知っているわけですね。

 

1974年にはムーミンがオペラにもなったそう!

そしてその後もポーランドでパペットアニメの放送が始まったり、フィンランドの美術館でムーミン谷が公開されたりどんどんヨーロッパを中心に人気が出てきたようです。

 

1993年にフィンランドでテーマパーク「ムーミンワールド」がオープン!

今年は6月6日〜8月23日までオープン!

ということで一年を通してオープンしている訳ではないようで、夏と冬に期間限定でオープンしてます。

ムーミン2

(http://www.fashion-press.net)

 

2001年に作家のトーべ・ヤンソンが亡くなったのですが、2014年はトーべ・ヤンソンの生誕100周年だったので世界中でイベントを行ったそう。

そしてそのうち日本が売上の半分を占めているのだとか。

 

ところでそもそもなぜこんなにムーミンは人気があるんでしょうか。

 

日本でムーミンが人気の理由

 

はっきり言ってアメリカではムーミンってそんなに人気がないというか知られていません。でも日本ではムーミンのコアなファンも多く、ムーミングッズも人気です。あの”時の人”となってしまった「小保方晴子さん」もムーミン好きで知られていましたよね。

日本で人気が出たのはやっぱりテレビの放送があった1990年代なんですがその当時も売上の半分は日本だったとかで、ブームの大きさを物語ってますよね。

そして売上が一度落ち込んでから方向転換して再びムーミン人気が出てきたそう。

 

 

ムーミンのアート性を強調

 

もともとムーミンの作者トーべ・ヤンソンは作家であり画家でもあって、その点が他のキャラクターとは違うということでアートを全面に押し出していくことにしたそう。2008年に方向転換して以来、去年2014年のトーべ・ヤンソン誕生100周年記念で、さらに盛り上がってきたムーミンですが、ムーミンカフェやショップ、グッズなどがとても売れているそうです。

ムーミンのアート性って何!?って感じですが、それは展示会や博物館での展示。

その展示会などでムーミンが注目されて他のキャラクターとの差別化になっていったということです。

 

日本ではムーミンはアニメキャラのゆるーい感じのイメージが強いですが、可愛い!というイメージだけではなくて、中流階級のインテリ層にウケるようなキャラクターにもしていきたいとのことで、2005年以降は昔のムーミンのアニメのキャラクターを商品化できなくなったんだそう。。しかもムーミンに使う文字フォントまで決めたんだとか。

ということは当時のキャラクターグッズはとても貴重なんですね。

 

ここがパブリックゾーン。なんとなく落ち着いていますね。

ムーミン3

(http://www.fashion-press.net/)

 

そしてこんな風にムーミンゾーンはパビリオンになっています。

確かにちょっと普通のテーマパークより大人向けな感じにも見えてちょっと雰囲気が違います。

ムーミン4

(http://www.fashion-press.net)

 

ムーミンは家族経営のビジネスだそうですが、人気とはいえディズニーやサンリオには普通では勝てないということでこういうアート路線になったそう。

 

どっちにしても大人から子供まで楽しめるという2017年のムーミンのテーマパークオープンがどんな風になるのか楽しみですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ