自撮りのレベルがカメラを超える!?便利すぎるセルフィーアイテム紹介!

ガラケーからスマホに移行してからもはやスマホで買い物、スマホで計算、スマホで音楽、スマホで写真、、となんでもできるようになりましたよね。おかげでスマホがないと不安になる人さえでてくるようになりました。

でもスマホのカメラのクオリティーが上がってからはカメラを持ち歩く人は減り、写真を撮る機会も増えましたよね。そういう私もデジカメを売ってしまったくらいですが。なんていっても撮りたい!と思った瞬間にカメラがないと撮れないし、何度も撮り直しもできれば編集まで簡単にできるとなると、むしろデジカメよりもずっと使いやすいんじゃないと完全にスマホに心奪われてしまったわけです。(単なるめんどくさがりなのかもしれませんが。。)

 

むしろカメラ人口は本当にカメラや写真が好きなこだわり派の人が使うようになった感じがしますね。そういう人はちゃんとお出かけやパーティーやここぞというときに持参してきてくれているので、いざという時のとっておき写真はそういう人にお任せしてしまったりもしちゃいます(^^;)

 

スマホで撮った写真はいくらでも編集できたりするので、写真を撮るのが苦手な人でも簡単にいい写真ができたりしますよね。(スマホのどのボタンを押せば写真が撮れるのか、という私の母のような人はおいておいて)

 

少し前に海外セレブより流行りに火がついた「セルフィー(自撮り)」も最近では当たり前のようになりましたね。ツイッターやFacebookなどのソーシャルメディアが流行っている今ではよく自撮りしている姿を見かけるようにもなりました。高校生や大学生だったら今はスマホにカメラにソーシャルメディアに、いろんな交流や遊びの幅が増えて楽しくて仕方ないでしょうね。

 

このセルフィー(自撮り)は以前は「セルカ棒」という長い自撮り用の棒を使って撮ってました。そうでないと背景が映らなくてやたらとドアップばかりになってしまいますもんね。

でもちょっと人前で撮るには恥ずかしいこのセルカ棒にかわり、今流行っているのは「セルカレンズ」なんです。

きっと周りにこのレンズを使っている人は少なからずいると思います。

 

このセルカレンズというのはスマホに付けるクリップ型レンズのことで、これがついていれば取れる範囲がかなり広がるんです。つまり自分プラス背景がバランス良く、まるで誰かに撮ってもらったかのように撮れるんですね。

 

しかもこっそりセルフィーしててもバレない!という一番の利点(?)もあります。そしてかさばらないのでいつでも持ち運べます。

 

そんなセルカレンズですが、いろんな種類があるんですね。

SASAGE

SASAGE セルカレンズ

  • クリップ 広角レンズ 魚眼レンズ 接写レンズ レンズカバー 2点 保存袋
  • 0.67倍率セルカレンズ☆ 
1000円以下で買えます!

 

XC SOURCE LENZ

180度 魚眼レンズ+広角レンズ+マイクロ

3種類のレンズ付きで1990円

4in1 lenz

望遠レンズ、マクロレンズ、広角レンズ、魚眼レンズの4種類のレンズ

望遠までできるタイプで2250円

・・・といくらでもあるんですが、通常は1000円から2000円くらいで十分なセルカレンズが買えるんですが、中にはこんな高級なものまで。。

moment iphone5 lenz

世界で最高の超高性能携帯用レンズ 映画用カメラレンズ技術採用

なんと19990円!

これだけカメラの性能にこだわる人ならカメラを持って行きそうですが。。。

でももしかして撮影とかでプロがこういう小さいカメラを使ったりするのかもしれませんね。例えばジェットコースターとかのアトラクションでよく頭につけるような小さなカメラありますよね。

そんなレベルかもしれません。

こんなに安くて便利なものが買えるなんてもう近い将来セルカレンズはみんな持ってて当たり前なんて時代になりそうですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ