シャロン・ストーン年代別写真で比較!ありえないビキニ姿!年齢を感じる部分も?

女優とはいえ57歳になる女性が雑誌で裸になるのはためらうと思いますが、今回雑誌でシャロン・ストーンが思い切り潔く披露して、世間でも美しすぎると評判に。シャロンストーンの色気は今更いうまでもないですが、若いころから変わらない美貌は世の中の女性の憧れの的です。一体どうしたらあれだけのプロポーションが50代後半で保てるんでしょうか。年代別に見ても美しさに磨きがかかっているようにさえ思えます。

スポンサーリンク


 

シャロン・ストーン

1958年生まれ 57歳

女優、プロデューサー、元モデル

ゴールデングローブ賞、エミー賞獲得

アーノルドシュワルツネッガー主演のトータルリコールの出演で知名度が一気に上がる。

 

シャロン・ストーンが有名になったきっかけのトータル・リコール

sharon stone1

 

32歳のシャロン・ストーン

シャロンストーン1
(http://theredlist.com)
シャロンストーン
(http://www.gavinrothery.com/)
45歳のシャロンストーン。エミー賞を獲得。

シャロンストーン2
(http://www.people.com)
40代でこのプロポーションというのもすごいですが、この頃からシャロン・ストーンは自分の体の衰えと老いに激しくショックを受け、鍛え直すことを決心した。ワイン片手に浴室に閉じこもって自分の全身を見たときに、老いていく姿にかなりのショックを受けて号泣したというエピソードは有名。

 

でも残念ながらこの時のドレスはワーストドレッサー賞に。。。

特にこのおなかのあたりの肌を見せすぎているというのがダメだったようです。それもあるけど、このドレスのカットアウトの部分がちょっとゆるいせいでだらしなく見えてしまってるだけなのでは。。?ここがもっとフィットしていたら綺麗だったような気がします。他にワーストに選ばれた人たちのドレスと比べたらよっぽどノーマルで綺麗だと思うんですが、残念!

 

そして50代からのシャロン・ストーンがすごい

 

日本でも美魔女という言葉がブームになって40代や50代でも信じられないくらいに綺麗で若い人たちが増えていますが、シャロン・ストーンも40代で自分の老いと向き合ってから努力をして年々綺麗になっている気がします。

むしろもはや50代ということを考えたら誰も勝てないんじゃないかというくらい魅力的で憧れのプロポーションです。

 

そんなシャロンストーンの50代は。。

シャロンストーン1

シャロンストーン3

 

雑誌の撮影でのシャロン・ストーン。雑誌の撮影なので多少の修正やカラー補正はあるにしても、この頃のレッドカーペットや公の場でのシャロン・ストーンを見てもほとんど変わりません。

いかに努力しているかがよくわかりますよね。

 

プライベートをパパラッチされても素敵なまま。

sharon stone 2
(http://www.dailymail.co.uk)
57際にしてこのスタイルと若々しさはなかなかないですよね。シャロンストーンは顔の整形は認めているもののフィラーヤボトックスなどのマイナーな治療ばかりで大きなお手入れはしていない。あまりに整形にお金をかけてがんばりすぎると、デミ・ムーアのようになってしまいます。。整形ってこわいですね。

 

過去記事:ニコールキッドマンの顔が劣化で夫が浮気?デミムーアも離婚後顔が崩壊状態に。。

 

そしてこれが50代のビキニ姿。

シャロンストーン4

 

50代でもビキニになるの〜?アメリカでは何歳でもビキニ姿見かけますよー。でもこんなにプロポーションのよい50代っていないですよね。脅威です。足も長いし本当に理想的。

 

そんなシャロン・ストーンも完璧じゃない姿が。。

 

全身整形しまくって完璧なんじゃないよ〜という証拠のように、シャロン・ストーンにもアレレ、という部分はあるんですよね。でもシワだったりセルライトだったりは少しあったほうがほっとします。あまりに20代と変わらなかったらむしろおかしいですもんね。女性は年代によっての美しさがあるし。。

 

シャロンストーン5
http://www.viprumor.com)
ちょっと後ろ姿に年齢を感じますが、それでもこの程度のセルライトはエステやらなんやらで時間とお金をかければ消えるでしょう。そういえば完璧に美しいように見えるジェニファー・ロペスも産後に後ろ姿を撮られたとき、ばっちりとセルライトが写ってしまいましたが、その後綺麗に消えていました。

 

でもこんな部分を差し引いてもやっぱりシャロン・ストーンは理想の歳の取り方でしょうね。

女性の憧れでもあって、いつまでもその年代なりの美しさを持っていたいというのは誰でも同じかもしれません^^

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ