パーティー入場できずのブルックリンベッカムが今度は緩すぎ私服をパパラッチ!

モデルデビューしたデビット・ベッカムとビクトリア・ベッカムの長男ブルックリン君。先日はワンダーランドマガジンのLondon Fashion Weekパーティーに入場しようとして年齢制限に引っかかり拒否されましたがそれには意外な理由が?その時のブルックリン君はモデルらしく髪型もバッチリ決まっていたのですが、ブルックリン君の「普通のティーン」に戻ったとされるイケてないスーパーの買い物姿がパパラッチされてしまいました。ブルックリン君は本当はファッション好きじゃない?



 

まさかのファッションウィークパーティーに入場拒否の意外な理由

ブルックリンベッカム

ブルックリン君が参加しようとしたのはwonderland magazine主催のロンドンファッションウィークのパーティー。

母親のビクトリアはファッションデザイナーとして大活躍しているし、父親は誰もが知るサッカー界の大スター、デビッド・ベッカム。「僕の両親は一体誰だと思ってるんですか?」という横柄な態度ではなかったはずですが、当然入れると思って出向いたパーティーにまさかの入場拒否。

 

その理由は「年齢制限」

 

普通年齢制限のあるパーティーやクラブなどは入り口でセキュリティーがIDチェックをするものなんですが、ブルックリン君もそこで「普通に」にひっかかってしまったよう!

 

でもブルックリン君が16歳なのは有名人でバレバレだし、簡単に入場させてしまうのも確かに教育上どうかな、とは思いますよね〜。

ただビクトリアがファッションデザイナーなのでファッションウィークのパーティーなら入れそうな気がするんですけどね。。特にベッカム一家はよくファッションショーに家族で参加しているし、VIP待遇は当然という感じもします。

 

でも入れなかった!なぜ??

 

ブルックリン君は年頃の割には素行もよく、礼儀正しいというのが有名ですが、この時ばかりは

 

「明らかに怒った様子」

「顔には雷が落ちたよう」

 

という感情を押し殺せなかったようで、怒り心頭でもどうすることもできないブルックリン君は、仕方なく受け入れて、そのままタクシーに乗って帰っていったそう。

 

この日のブルックリン君はモデルらしく、髪型をしっかりセットし、サイドにファスナーの入ったデザイン性のあるオーバーサイズフーディーにブラックのパンツ、手首にはブレスレットという格好でした。

ブルックリン2

さすがに怒り心頭の様子はパパラッチされていないようですが、カメラも持っているし、いろんなVIP達と写真を撮ったり楽しい時間をすごそうと思っていた様子がよくわかりますよね。

 

私も年齢制限はクリアしているのにIDを持っていなかったからバーに入れなかったという経験があるのでブルックリン君の気持ちはよ〜くわかります!

 

ただ、、、このパーティーには16歳の少女が参加していたことが判明!

 

それはエルトン・ジョンに発掘されたシンガー「Talia Storm」

 

タリアはブルックリン君と同じく16歳。それでもパーティーのVIP席に座っていたんだとか。エルトン・ジョンと一緒だったかは不明ですが

 

「女子にはゆるい」

 

というパーティーの傾向があったようです。。ハハハ。。

 

これを知ったブルックリンはますます腹をたてたのだとか。

スーパーでパパラッチされたブルックリン君の格好がイケてないと話題に。。

 

そんなブルックリン君がつい気を緩めてしまったのか(?)それとも日常はこうなのか(?)スーパーでナニー(お手伝いさん)と一緒に買い物をしている様子がパパラッチされたのですが、その格好がパーティー参加時とは違ってかなりラフなことにびっくり。

 

パーティーで入場を断られて以来のブルックリン君ですが、

「華やかな時間は終わった」

と言われるほど、普通のティーンと変わらないラフな格好(それもそこにあった服を着てきたかのような)でした。

 

ブルックリン君3

 

プリントTにアディダスのネイビージョギングパンツ、ブラックのブーツというスタイル。

 

別に普通のティーンの格好だろうがかまわないんですが、自身がモデルをしていることや、母親が世界的に有名なファッションデザイナーであるがゆえに言われてしまう「オンとオフの違い」

 

でも確かにスーパーに買い物しにいくのにティーンの男の子が服装や身なりを気にしている方が不自然でナルシストっぽい気もするんですが、先日のパーティーに出向いた格好とはかなり違う、髪の毛もボサボサのままというギャップのためにパパラッチの格好のネタになってしまった様子。

 

それにしてもパーティーの入場拒否のことは両親はなんと言っていたんでしょうね。

 

厳しい家庭なので「当然だよ!」と言われたのか(デビッドはいいそう)

「私の息子なのになんで?話しておくわ」と言われたのか(ビクトリアがいいそう?)

 

どっちにしても家庭の教育方針には影響がなさそうですね!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ