一斉にはじまる芝刈り機の音がすごい

日本では田舎とはいえこじんまりした家と広めの庭に住んでいたのですが、アメリカ南部に来て1軒1軒の敷地の広さにびっくりします。
決してお金持ちの豪邸というわけではないのですが、それぞれの家の周りは草木や花、芝生で囲われているという感じです。そして私たちの隣人たちの家も例外なく綺麗に緑の草に囲まれています。
でもアメリカでは(州によるということはおいておいて)この雑草を手入れするのは義務付けられているそうで、地区によっては定期的なチェックが入り、手入れをするようにお知らせもきます。また雑草をそのままにしておいて近所に迷惑をかけるような伸び放題で放置しておくと罰金を科せられることもあるようです。
たしかに雑草がたくさん伸びているとかなりの虫たちが発生して家のまわりをうろうろするので小さい子供がいる家などは安心して子供達を遊ばせられないかもしれないですね。
ということで春先、暖かくなってくると草がどんどん伸びてくるので、一斉に住民は草刈機で草を刈り始めるのですが、うちも草刈機を2台稼働、グラスキラーという薬をまいて枯れさせるというのをここ数日繰り返しています。
子供が外を散歩したりするにはたくさんのケミカルがまかれているとやっぱり心配ですね。でも伸びまくった雑草に群がる虫たちに襲われるよりは少し我慢して綺麗に手入れされた庭になるほうがいいですよね!

 

日本で草刈機なんて使ったことないですが、こちらではいちいち手で抜いていられないので、女性でも大きな草刈機を使っています。そういう機械系は男性の仕事というイメージでしたがこちらでは女性も男性も同じように仕事を分担しているという感じです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ