歌姫テイラースウィフト来日スケジュール!過去の歌詞はどの元カレのことか教えます

テイラースウィフト来日中でファンならずともとっても盛り上がってますよね。

今回の来日スケジュールは

5月5日 東京ドーム

5月6日 東京ドーム

の2日公演ですね!

 

そしてテレビでもZIP!やめざましテレビにも出演します♪

 

テイラースウィフトと言えば、日本デビューもしていて大人気!

もともとカントリー歌手として注目されていますが、10歳で初めて作詞をし、12歳で作曲した時から既にギターの3コードの弾き方を覚えたっていうのはすごいですよね。

私なんて30代で初めてウクレレ初めてなんとかコードを覚えてきたというのに。。

テイラーが10代で大成功して次々とヒット曲を飛ばしていますが、にわかに出てきて成功したわけじゃなくて既にこんな小さい頃から下積みの経験をしていたんですねー。

祖母がプロのカントリー歌手だったのでその影響もきっと受けているんでしょうねー。人と違うことをしないといけないと作曲にも個性を生かしているところは本当に賢いな〜。

テイラーというと、歌詞に過去の恋愛を描写しているということでとっても有名&ゴシップ好きとしては、ははん、あの人との恋愛はこうだったんだな、とわかって面白かったりします。

特に歌手ジョン・メイヤーとの恋愛が終わった時は「Dear John」なんてまともに彼のことじゃない!?というタイトルさえつけていて、そういうところにもリアリティーがあって面白かったりしますよね。

日本でも大人気の曲「We are never ever getting back together」なんて当時まさしくこの歌詞のような恋愛をしていた私にとっては、うんうん、本当だよ全くと思いながら大絶叫してよく歌っていました(笑)

 

ちなみに歌詞を和訳するとこんな感じです。

 

最初に別れた時のことを覚えてる

今回みたいにもうダメだって

あなたは「ちょっと一人になりたい」って言ったけど何それ?私たち1ヶ月も会ってなかったのよ。

そしてあなたはまた私のところへきてこう言った

「ベイビー君がいなくて寂しい、神に誓って俺は変わるよ」

信じてって。たった1日しかもたなかったよね

大嫌い、もう別れるといったのにあなたは電話で「愛してる」だって。

そしてまた昨日電話してきたよね

でも今回は言っておくわ。そう、なんども言うけど

「私たちはもう絶対にヨリを戻したりなんてしないから」

「そう、絶対に戻らないわ」

あなたはきっと友達に話すでしょうけどどうぞ

私の友達がそのことを私に伝えるはず

でももう絶対にヨリは戻さないから

そう絶対にね

あなたが喧嘩をふっかけてきたのが懐かしいわ

私は「私は間違ってない」って叫んだり

そしてあなたは心を落ち着かせるために

隠れて私のよりずっとかっこいいレコードを聴いてたのよね

 

そして今夜またあなたは電話してきた

でも今回はちゃんと言うわ

そうよく聞いて

「私たちは絶対にヨリを戻したりしないから」

「そう絶対にね」

あなたは友達に話すんでしょうけど

その噂は私の友達から聞くことになるわ

でもね、もう絶対にヨリは戻さないから

前は私たちはずっと一緒にいられると思ってた

絶対別れたりしないって

 

彼はまだ私に電話してきて「まだ愛してる」っていうんだけど

私は、はあ?もう疲れたんだけどって、わかるでしょ

私たち絶対にヨリを戻したりなんてしないんだからね

 

これは日本でカバーされた曲ではなくてテイラーの原曲を訳してみたものです^^

 

もはや私の当時の状況もこんな感じでしたねー。

テイラーと同じ恋愛してる〜なんて思ってました(だいぶ年齢違うのに恥ずかしいですが、、)

ちなみにこれは俳優のJake Gyllenahaal(ジェイク ギレンホール)のことだと言われています

そしてこのほかにも

State of Grace

All Too Well

Girl at Home

The Moment I Knew

なども彼のことだと言われています

 

 

 

ティーンだけじゃなくて誰にでもわかるわかるというような歌詞がウケるんですよね。

 

それにしてもテイラーは恋愛経験が豊富なんですよね。

 

過去の曲は誰のことを歌っているのかをまとめると。。。

 Forever & Always

「ジョージョナス」の事。

ジョージョナスと別れた後2008年のアルバムfearlessのために書かれた曲。

歌詞の中で電話をみつめているという内容があって、これはのちにテイラーが、ジョーからの短い電話で別れを言われたと打ち明けたことからそう言われています。

 

 

Dear John  

I knew You Were Trouble

この2曲は歌手「ジョン・メイヤー」の事 ジョン・メイヤーってモテますね〜。外見からはなぜそんなにモテるのかちょっと不思議ですが、ジェニファー・ラブ・ヒューイットとかジェシカ・シンプソン、女優のミンカ・ケリーやなんとブラピの元妻ジェニファー・アニストンとも付き合ってたことがあるんですね〜!

最近では「ケイティー・ペリー」と付き合っていて、過去の恋愛に比べたら長期です。

 

 

 Begin Again

この曲はわずか4ヶ月で別れたConor Kennedyにインスパイアされたと言われています。かの有名な故アメリカ大統領ケネディーの一族とはすごい相手ですね。でも年下だったんですよね。遠距離恋愛が別れの原因とか。

 

Out of The Woods 

Style

これは日本でも超人気のワンダイレクション(One direction) Harry Stylesのこと

ハリーは「歌にしてもらえてラッキーだと思うよ」って言ってるそうです。さすがテイラー!

この2人は喧嘩別れしたそうです。若さからかな〜

 

それにしてもテイラースイフトは今や知らない人はいないくらい有名な人気歌手なので、そのテイラーの曲に自分が入っているというのはむしろステイタスにさえなるのかもですね〜^^

 

 

もはや彼女の元カレは曲にされるとみんなが期待しているので、元カレたちはヒヤヒヤ、もしくは開き直って名前を売るくらいの気持ちでいるのかも。。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ