TOKIOカケルの筆跡でわかる松下奈緒の性格は?筆跡心理学がひそかに人気!

筆跡を見ただけで性格がわかる。。!?最近テレビでも筆跡を添削したり鑑定したりすることが増えて私も気になっていました。

「TOKIOカケル」でも松下奈緒の心と体の状態を、、風水、筆跡、占星術、タロットの4つで占うとやっています。

風水、占星術、タロットはわかるんですが、これに「筆跡」が並ぶなんてもはや筆跡は占いとしても認知されているくらいなんですね、びっくり!

 

文字が綺麗というだけで、「頭が良さそう」とか「真面目そう」「芯が強そう」なんていいイメージを持ったりするもので、綺麗な文字をかけるというのはすごい長所ですよね。

私も綺麗な字を書く友人のハガキなんて何回も見てしまいます。

 

書道でも字を書くだけでアートになったりするくらいですもんね〜。

 

「書は人なり」という言葉があるくらい字は書き手の性格を表すものなんだそうですよ。

 

そしてヨーロッパでは「グラコロジー」と呼ばれる「筆跡心理学」がとても人気があるそうです。

膨大な人の筆跡サンプルから導き出した心理や性格など、大学でも教えているところもあるということで注目度は高いです。

 

日本でも少しずつ知られてきていますが、今回もテレビで占いとしても取り上げていたくらいで、これからもっと人気がでそうですよね。

 

その性格診断ってどうやってするんだろうと気になるところですが、その一部例をご紹介すると。。

 

・まず罫線のあるノートなどに、自分の好きな言葉や名前を書いてみます。

→罫線からはみ出ていたり枠ギリギリに書いてある

これは「大字型」で外交的。明るくて大胆なタイプ。

字を見るだけでその豪快な印象はポジティブなイメージが強いんでしょうね。

社交的で遠慮のない付き合いかたをするので、周りからちょっと迷惑がられてしまうこともあるかもしれないので注意も必要です。

 

→罫線の上下左右があいている

「小字型」で控えめ。思ったことがなかなか口に出せずに内に秘めてしまいますが、周囲への配慮や気遣いができる大人タイプ。こういう人はストレスも溜め込みやすいようです。確かに字が小さいとそんな感じを受けますね。

でも体調や気分で一時的に字が小さくなることもあるようなのでその時は元気がないなと心配してあげたほうがいいかもしれません。

 

→字が右上がり

素直な性格。文字は少し右上がりに書くほうが美しく見えるため、教科書体でもやや右上がりが基本になっています。このため右上がりに書く人は世間の流れに従う傾向にあって保守的で忠実な性格ということです。

右上がりも極端だとおかしいですが、6度が一番美しい角度だそうなのでこれを練習したいです^^

→字が右下がり

疑い深い人。ものを斜め下から見る傾向があるため批判的な性格になりやすい。評論家などはこういう字体の筆跡をもつ人が多いみたいです。ちょっと気をつけたいところですね。

→右上がりでも右下がりでもどちらでもない

物事を客観的に受け取る人で冷静に世の中をみつめ、自分の主観を変えることがない。

これはもしかすると頑固なタイプなのかな。。!?

→文字同士の間が詰まっている

字の間が詰まっているほどせっかちな人。次々とやることをこなしていかないと気が済まない、思い立ったらすぐに行動するタイプ。

なるほど、字にもそのせっかち感がパッチリ現れちゃうわけですね!


気になるのが「前の文字にくっつくほどだと事故を起こしやすい」ということなのでこれは注意したいですね。

→前後の文字間隔を広く開ける

その逆で文字の間隔が広い人はのんびりおっとりしたタイプ。何かをやり終えたら一息ついて次のことに取り掛かる性格。

ふむふむ。のんびりも良し悪しでしょうか。。


これも極端に間隔があいていると周囲をイライラさせてしまったり、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあるので注意が必要です。

 

→まっすぐに書いている

気持ちが安定していて考え方にもブレがない。一度決めたことを最後までやり遂げる集中力のあるタイプ。職場なら特に信頼度も高くなります。

まっすぐな字は確かに背筋が伸びているような真面目な印象を受けますね。

→うねっている

反対にうねっていると感覚で動くタイプ。意見がころころ変わったり横道にそれやすいのでよく注意されたりするかもしれないです。その反面芸術的才能が発達しているので好きなことを極めて成功する可能性も高いようです。

周囲からはちょっと浮いているタイプでしょうか。でも芸術家として成功するならそれもいいかなと思ってしまう自分もあったりします^^

これらの性格鑑定から自己分析できますね。

また筆跡は自分で変えられるので意識的になりたい自分を目指して変えるというのもオススメなので綺麗な字を書ける練習をしたいですね^^


まとめ

字は人を表すので性格を変えたいなら字を練習するべし!

 

罫線からはみ出ていたり枠ギリギリに書いてある

これは「大字型」で外交的。明るい。

→罫線の上下左右があいている

「小字型」で控えめ。ストレスを溜めやすい。

字が右上がり

素直な性格。

字が右下がり

疑い深い人。

右上がりでも右下がりでもどちらでもない

物事を客観的に受け取る人で冷静なタイプ。

文字同士の間が詰まっている

字の間が詰まっているほどせっかちなタイプ。詰まり過ぎは事故の元なので要注意!!

前後の文字間隔を広く開ける

のんびりおっとりしたタイプ。チャンスを逃しやすいので要注意!!

まっすぐに書いている

気持ちが安定していて考え方にもブレがなく周囲の信頼があついタイプ。

うねっている

感覚で動く芸術家タイプ。

いかがでしょうか^^ みなさんはどれにあてはまりますか?

やっぱり綺麗な字を書けるっていうのは想像以上に大事なんですね。最近はメールなどで書く機会が減るからこそ、余計に直筆は注目されますよね。イメージダウンにならないようこれから意識して書こうと思います^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ