大久保佳代子は何キロ走るか!?100キロマラソンで稼ぐギャラは?27時間テレビは面白い?

今年の27時間テレビの司会が「ナインティナイン」に決まりましたね。

4年ぶりの司会だそうですが、「めちゃイケ」がベースの番組になるということで、結構厳しい意見も出ているようですね。

過去のめちゃイケベースの27時間テレビは2004年が平均視聴率16.9%、11年が14.0%ということで悪くないようなので、他に看板番組がないし、まためちゃイケでいいか、という感じできまったんでしょうか?

めちゃイケは結構出演者たちの盛り上がりが多かったりするので見ている方がついていけない、それが27時間ともなると飽きてしまうという声もあるようですが。。

 

そしてマラソンランナーは「大久保佳代子」に決まりましたね!

マラソン好きとしてはこっちの方が気になります!

 

27時間テレビって24時間テレビに対抗したパロディー番組だったんですね。

毎年24時間、27時間とやられると、視聴者は混乱しますよね〜アレ?もう終わったんじゃないの?って、、私だけ?

 

そして100キロマラソンですが、過去に挑戦した加藤浩次は87㎞で断念、完走できず、ナインティナインは完走したそうですが、完走できなくて終わるパターンもあったんですね!

 

なので今回大久保さんも「加藤浩次を超える」というのが目標らしく決して「完走する」と意気込んでいるわけじゃないのが大久保さんらしいですね(笑)

 

そもそも27時間マラソンのオファー話が出た時に大久保さんは「絶対ヤダ!!」と言ったみたいですが、想像通りです(笑)

もはや売れっ子の大久保さんはわざわざやりたくない仕事をやらなくても稼いでますもんね。

 

ところで24時間テレビでも毎回マラソンをやりますが、24時間走ってどれだけギャラがもらえるのかみんな気にしてますよね〜

結構ネットで調べる人もいたり質問してる人もいます。

確かに興味ありますが、私は100㎞のウルトラマラソンを走ってみたい人なので、むしろギャラがもらえるだけでも喜んで走っちゃいますが、、そして過去に3回も走った間寛平ももしかしてギャラとか気にしないで走りたいっていうタイプだったかもしれませんねー。

間寛平やTOKIOの山口は1回300万だったということです。山田花子は400万、なので300〜500万が相場と言われているのに、森三中の大島はなんと1000万円もらったって言われてますよね!

 

というかこの違いって一体・・・!?

大島さんがものすごい大御所だったりならまだしも芸人さんなのでとっても不思議です。

 

見た感じマラソンなんて絶対に嫌だ!といいそうだから意外性を狙ったオファーの額なのか、それとも最近はマラソンのドキュメンタリー番組が何回もやるのでそういった関連番組への影響も含めての高額ギャラなのかわかりませんが、、、

 

実際に大島美幸が走った距離は減量後の体重と同じ88㎞だったと発表されたんですが、その後に、実際は48キロだったんじゃないかなんてネット上で疑われたりしましたもんね。

でも疑われた直線距離の48㎞ではなくて実際に88㎞走ったそうなので潔白らしいです。

 

プロによるトレーニングを受けているのでやっぱり24時間走り続けて限界を超えるところまでやって欲しいです!

 

マラソン好きな人にとったら、24時間走るだけで1000万ももらえるんなら何回でも走ります!!って感じですけど(笑)

 

それにしても24時間走り続けるといっても距離は人それぞれなんですね!

歴代の記録はこうです。

 

 

1992年 間寛平 153km 

1993年 間寛平 200km 

1994年 ダチョウ倶楽部 100km 

1995年 間寛平 600km 

1996年 赤井英和 100km 

1997年 山口達也(TOKIO)100km 

1998年 森田剛(V6)100km 

1999年 にしきのあきら 110km 

2000年 トミーズ雅 150km 

2001年 研ナオコ 85km 

2002年 西村知美 100km 

2003年 山田花子 110km 

2004年 杉田かおる 100km 

2005年 丸山和也(弁護士)100km 

2006年 アンガールズ 田中・山根 100km 

2007年 萩本欽一 70km 

2008年 エド・はるみ 113km 

2009年 イモトアヤコ 126km 

2010年 はるな愛 85km 

2011年 徳光和夫 63km 

2012年 佐々木健介・北斗晶ファミリー 120km

 

徳光さんとイモトアヤコじゃあ2倍の差がありますね^^;

 

今回大久保佳代子が走る予定の27時間テレビでは、100㎞だと決まっているそうなので、目標がはっきりしていてわかりやすいです。

 

ところで100キロマラソンってだいたい何時間かかって走るものなんでしょうか。そしてどれだけの人が完走できるんでしょうね?

 

だいたい10時間〜14時間かかると言われています。

完走率は7割くらい。

 

100キロマラソンの発祥は北海道なんですが、北海道なら気候もよさそうだし見晴らしも良さそうだしいいな、と単純に思ってしまいますが、やっぱりこの「景色」って大事なんですよね。

 

マラソンという競技はひたすら走るっていう地味なもので、長時間となると結構暇です(笑)私は音楽を聴いたり、いろんなことを考えたりしながら走っているんですが、やっぱり景色がつまらなかったりすると気分ものらないんです。

逆にハワイの海沿いなんかはとっても爽快で、疲れなども吹っ飛びます。

 

なので、そういう景色やコースの高低差なども考慮しながらレースを選ぶ材料にしている人は多いですよね。

 

100キロのウルトラマラソンって参加費はどのくらいなんでしょうか。

 

大会によっても違うんですが、発祥の北海道のサロマ湖マラソンだと17,000円。

他の大会も16,000円〜18,000円というのが相場のようです。

 

ハワイのホノルルマラソンなんてギリギリに申し込むと200ドルくらいしますよ〜!

でもギリギリでも申し込める定員なしの大会っていうのが緩くて参加しやすいので人気があるんですよね^^

 

それを考えると、普通は参加費を払って「走らせてもらいます」っていう態度なのですが、24時間マラソンや27時間マラソンだと、「ギャラあげるから走ってちょうだい」と言われるわけで、羨ましいったらありませんね(笑)

 

でも27時間の100キロマラソンは走るのがツライというのに加えて、ゴール地点では顔はスッピンでボロボロヨロヨロ状態なのでそれが嫌だという人もいるみたいです。

大久保さんもその一人ですね(笑)

 

なので大久保さんの素顔も期待して見たいと思います。(あまり変わらない気もしますが。。。)

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ