クレイジージャーニーしたくなる!?怖すぎるけど行ってみたい世界のビックリ洞窟は?

世界の洞窟を1000箇所も行ったことがある人が死にそうになった洞窟の難所を語る!というのが今回のクレイジージャーニーのテーマですが、洞窟を1000箇所も行ったことがあるってすごい洞窟マニアですね〜。私も洞窟は好きなのですが、旅行先にあれば行くっていう感じでした。

でも今回は近くにこんな『怖いのになぜかとっても気になる、行ってみたい洞窟』の一つがあったので、それも含めて、他に怖いけど行ってみたくなる洞窟を探してみました。

大きな洞窟はだいたい何時間も歩いたりヘルメットにライトをつけるなどの装備をしていくんですよね。私も過去にオーストラリアでそんな洞窟探検をしたことがあります。

 

世界には洞窟っていくつくらいあるんでしょうね。1000箇所も探検した人がいるくらいなので、たくさんありそうですね。なんと海底洞窟なんていうのもあるくらいだし、ダイバーさんが発見するようなところもまだまだあるのかも。。

私はダイビング体験でも耳抜きできずあわわわ、、となってしまって途中で上がったくらいなので、ダイビングして行く海底洞窟は無理だろうな〜。。

 

と思っていたんですが、ここテキサスにもあった!!

それがテキサス州ウィンバリーにある「Jacob’s Well(ヤコブの井戸)」。直径4メートル、深さはなんと40メートルもあるという洞窟。

jacobs-well-飛び込む子供

(earthporm.com)

 

『テキサスのもっとも危険なダイビングスポット』とも言われるように、過去に亡くなったダイバーはなんと9人!

 

一つの穴としては10mで、ぽっかりと空いた穴は子供達の興味をそそるのか、家族連れで訪れる人が後をたたない人気スポットになっているようです。

jacobs-well子供達とおじいさん

 

洞窟探検をしにくる人だけじゃなくて、ただここの穴を見にくる人も多いそうで(このおじいさんも、まさか飛び込んだりしないだろうし。。)これだけ見る価値もありそうな珍しい場所ですよね!

 

ってゆうかこの女の子は飛び込む気なんでしょうか!?

 

jacobs-well-女の子飛び込むの?

 

うわっ!飛んだ!

 

jacobs-well-飛んだ!

 

ちゃんと飛び込みの格好してます。。

私もなかなか好奇心旺盛なんですが、スカイダイビングやバンジージャンプはできても、水に飛び込むのは怖いんですよね。

この先はどうなっているのか。。。

 

jacobs-well-綺麗だけど怖い

 

とりあえず飛び込むとこんな感じ。ダイバーさんが撮ったんでしょうか?水面が薄いブルーで綺麗!

 

ただ、その10mを超えて潜っていこうとすると、いくつにも分岐した構造になっているようで、過去に亡くなったダイバーがこれだけいるというのがその複雑さ、怖さを物語ってます。

 

これはど迫力!行った気になれます(笑)

 



 

飛び込んだダイバーは、『真っ暗で上か下かもわからない』と言っていたそうです。

もし海中でそんな暗闇に襲われたら、パニックになってしまいそう。。上がっているつもりがただぐるぐる海中を回ってるだけだとしたら。。。酸素がつきてきたら。。。もう考えるだけでゾッとします。

 

この飛び込んでいる子供達のように飛び込みレベルだったらすぐに浮かんでこれるんでしょうが、なんていっても上空から見る景色と飛び込んだ海中で見る景色は全く違うと思うので、やっぱりちょっと怖いな。。

 

でも近いので今度行ってみよう!

 

そしてこの世界一大きい洞窟『Son Doong洞窟』

2009年に発見された世界一大きな洞窟!っていうと最近じゃないですか!!

全長約9km 最大高は約240mにおよび、内部には地下河川も流れているとか。

ソンドンっていう意味は『mountain river 洞窟』っていう意味だそうですが、もともと1991年にベトナムの地元民Ho Khanhさんという人が発見したのですが、世界一大きな洞窟として探索されたのは2009年にイギリスのケイバー(洞窟探検家)によるのが初めてだそうです。

 

2014年にはアラブの国王の団体がこの洞窟を無事に探索したそう。2014年では国王の団体が初で、ニュースになりました。

 

son-doong-cave-入り口

 

(travelovietnam)

 

入り口がどこにあるのかわからなくなるくらいで、ジャングルの中をこのように入っていくんだとか。

『参加者はソンドン洞に入るために、80メートルの崖をザイルを使って降下する』とのことなので、これをクリアしないと入り口さえ行けないんですね。

どうりで1991年に地元民に発見されたときは入り口が急な崖だったので中に入らなかったわけですね。帰ってこれなさそうですもんね。

 

2014年にツアーが出来てから、ヨーロッパの旅行者が3000ドル払っても行きたい場所らしいのですが、すでに2016年まで予約でいっぱいなんだとか!

2009年に探索されたということですが、まだ解明されていない部分もあるようです。というかここのガイドさんになるのは大変そうですね^^;

 



これを見たら全体像がわかるのですが、これだけでもワクワクするような場所じゃないですか?

暗闇が怖い人は無理だとは思いますが、怖いけどとても行ってみたい場所の一つです。

 

でも日本からのツアーでいけるようになるのはもう少し先かもしれません。

 

son-doong-cave-5

 

son-doong-cave-4

 

son-doong-cave-2

2014年のツアーでは入り口付近でキャンプをしての出発ということですが、荷物を運びながらの移動なのでなかなか大変かもしれませんが、やっぱりわくわくします^^

 

この2つは今一番行ってみたい洞窟です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ