2700が火付け役⁉︎リズムネタは芸人が売れるカギ!海外で成功する日本の芸人は?

リズムネタといえば今や芸人には欠かせない武器になっているのか本当にいろんなものが出てきましたねー。ブームの火付け役ともいえる芸人2700の『右ひじ左ひじ』がはやった2011年からまだ4年ですが、オリラジの武勇伝が大ブレークして、最近はどぶろっくの『もしかしてだけど〜」やクマムシの『あったかいんだから〜』なんかはCMにもなったり大ヒットですよね!

そしてダンディー坂野なんて『ゲッツ!』だけでCM契約たくさんとってます。

 

前は武勇伝みたいにネタと絡めて歌って踊ってっていう感じだったのでちょっとおしゃれな芸に見えたんですが、(オリラジだったから!?)今はそれだけじゃ意味のわからないフレーズとかもたくさんありますよね。

テツandトモもそういえばリズム芸人ですよね。あの時から結構ギターと歌のクオリティーは芸人さんにしては高いなーと思っていましたが、最近もみんな上手に作るなーって感じがしますよね。

 

ところで、日本のお笑いって海外には通用するんでしょうか?

アメリカにいると、笑いのポイントが全然違うよなーと思うこともいくつかあります。『冗談だけど』なんて言われても『は?今のジョークなの?わからなかった』なんてチーンとなることもあったり。。ブラックジョークや一人でひたすら喋るコメディーが多いんです。テレビでも一人でひたすら喋っているコメディアンをみたりして『オレこいつ好きなんだ〜』と友人がいっていても、ただひたすら喋っているだけなので、アメリカンジョークを完全に理解していない私にはついていけませんでした。

 

こういうひたすら喋るのは『スタンドアップコメディー』っていうらしいです。小さなバーとか劇場でやるコメディーのようですが、しゃべり続けるって結構大変ですよね。しかも笑わせなきゃいけないし。ただ喋るの聞いてるだけじゃ、飽きてしまいそうなところを飽きさせずに惹きこまれるようなトークするってよっぽどの腕がないと難しいんじゃ、、なんて思ったりします。

 

その点、リズム芸人のような、アクションや歌、ダンスなんかだと言葉がなくても目や耳で楽しめるってこともあるので海外でウケやすいんじゃないかなーと最近よく思います。

 

実際渡辺直美はニューヨークであのビヨンセ芸をやってスタンディングオベーションをさせたくらい大成功だったし、今やインスタも可愛いと世界中からファンを集めてますよね。

 

『これを見たら元気が出る』と話題の渡辺直美のインスタの一部がこちら。。

 

渡辺直美インスタ ウーマンインフォシーク

(womaninfoseek.com)

 

渡辺直美インスタ1

渡辺直美インスタまとめ

(matome.naver.com)

渡辺直美インスタ痒いタレンティスタ

(talentista.com)

 

可愛いし面白いと大人気なのがわかります!!

 

そんな渡辺直美以外にも海外で活躍する芸人さんはいるんですね〜

COWCOWのあたり前体操もインドネシアでブレイクしましたよね!

英語版である「No Surprise exercise」は本来アメリカでウケる事を狙っていたのに何故かサウジアラビアで流行っていたっていうのもすごいです(笑)

 

そして最近では、でフジテレビ系『爆笑レッドカーペット』で人気を博した、お笑い芸人のゴンゾーさんが海外のオーディション番組『Asia’s got talent』に登場し、話題になっています。

 

ゴンゾー

(http://curazy.com/archives/77776)
 

なんとこのタンバリン芸で準決勝まですすんだそうです!

日本よりも有名になりそう(笑)

 

100万回以上も再生されている審査員を爆笑させたそのタンバリン芸の様子はコチラ

 



 

このシリアスな表情もウケるのかも!?

 

 

これから海外で活躍する日本のリズム芸人も増えそうですね〜^^

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ