母の日にオススメ!2015年のギフトはユニークで美味しいプレゼント

2015年の母の日は5月10日ですね。

アメリカでも同じく5月10日の日曜日なんですが、もうすでに妹家族たちも母の日のプランを立てています。

私は今まで母にはケーキとお花、たまにバッグだったりフラワーケーキという花でできたケーキだったりしましたが、いくら母が花が好きとはいえ、いつも同じではつまらないなといつもユニークなギフトやユニークなお祝いはないかなと考えています。

そこで今年のプレゼントはこんなのはどうかな、と思うのが、「ケーキポップのフラワー」

ややこしいですが、まずケーキポップとは、ロリポップケーキとも呼ばれているのでこちらの方がイメージしやすいと思いますが、ロリポップの棒にさした一口ケーキのことなんですね。

今はデコケーキやデコ飯ブームなので知っている人も多いと思いますが、もともとはアメリカからきたスイーツなんです。アメリカのケーキと聞くと多くの人が想像するように、とてもカラフルなんです。最近はコストコもたくさんできてきたのでカラフルなケーキを目にすることも多いと思います。

日本でもデコレーションが流行っているのでカラフルなケーキなどはありますが、やはりブルーやグリーン、またグレーや赤などの原色のケーキを見ると、体に悪いんじゃないかとためらってしまいがちですよね。でもアメリカでは誕生日ケーキなどにもそういったカラフルなものが多くて、初めは抵抗があってもだんだん慣れてしまうものなんですね。それにしてもケーキポップスなどのデコレーションケーキにはこういったカラーは大事なんです。

 

ところで、デコレーションに欠かせないデコペンですが、最近はアメリカのように真っ赤や水色、オレンジ、黒など原色カラーも出てきました。とはいってもまだまだ溶かして作る型チョコ用には奇抜な色ってないですよね。私が溶かして固めるように買ったチューブ型の真っ赤と黄色のチョコレートはアメリカ製でした。

そして、アメリカではチョコペンのもっと進化した版のフードデコレーションペンというものがあるんです!しかもこのペンは本当のペンのように細くて、今までチョコペンで潰れてしまったような文字や細かい模様も簡単に書けてしまいます。むしろ、これは食べれるペンなんだろうか、それとも普通のペンでケーキの外側を剥がして食べる物なんだろうかとさえ思ってしまうくらい普通のペンに似ています。

これを使うことで、みんなの寄せ書きのような誕生日ケーキを作ったり、メッセージ入りのケーキを記念日や母の日にプレゼントしたりできるんです。これはぜひ使ってみたいです。

 

さて、ケーキポップスですが、私も実は最近何度か作ったのですが、作る工程もとても楽しいです。デコレーションなんかは子供にさせたらとても楽しんでくれるんじゃないかと思います。

そのケーキポップスもさすがアメリカではかなりレベルが高いんです。

ケーキポップス自体のクオリティーも高く、デコレーションやディスプレイの小物などもうまく使えば本当にプレゼントに喜ばれる飾っておきたいような仕上がりのものもたくさんあります。

ケーキ屋さんに売っていたりもしますが、やはり自分で作りたいですね。

母の日にオススメのケーキポップスの飾り方ですが、例えばブーケのように、一つにまとめてリボンをかけたり、赤いチョコレートでコーティングしたケーキポップスの上半分に赤いデコペンで円を描くように渦巻きを書き、バラに見立てたら花瓶にさしてケーキポップスバラの花束にする、ピンクと白でケーキポップスを作って一つ一つ袋に入れたものを花束のようにまとめてラッピングペーパーでつつんだらとても柔らかい雰囲気になり素敵です。こんな風にラッピング方法や、入れ物によっていくらでも素敵なアレンジができるので、母の日はもちろん、誕生日プレゼントにも絶対オススメです!

手作りをあげるのに抵抗がある場合はミスドビッツなどをピックにさして飾っても可愛くなりますよ。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ