日本とアメリカのメルカリの違いは?アメリカのメルカリは今が絶対お得!

スマホが当たり前になった今、フリマアプリの普及はとても便利ですよね。

私はフリマアプリと呼ばれるものはメルカリしか利用したことがないのですが、アメリカ版のメルカリもとうとう2014年9月にオープンしました。私は日本のメルカリ、アメリカのメルカリ共に利用経験があります。そしてそれぞれで少し違うなと感じるところがあるので今回はそれぞれを比べてみようと思います。

※あくまでも個人的な経験で今後メルカリの方針も変わるかもしれません。


メルカリの紹介でもらえるポイント

 

まず日本のメルカリは紹介した人と紹介された人に300円分のポイントがもらえて、もし300円で販売されているものの中に欲しいものがあれば即購入も可能です。つまり初めからお金を払わず購入することもできるんです。

一方、アメリカのメルカリは紹介した人、紹介された人に入るのは2ドルです。でも売り手は2ドルで販売することはできないんですね。最低販売設定金額は3ドルとなります。

なので初めからタダで何か買おうということはできません。

日本のメルカリで300円分のポイントは180日が有効期限のようですがアメリカ版はもっと期限が短いです。わずか10日間です。そして期限間近になると何回か、「期限が切れますよ、お買い物してみてくださいね」というメールが届くんです。そうはいっても2ドルでは買えないので、でもせっかくの2ドルがなくなってしまう、いつか買うかもという気持ちがあればもったいないから使おうという気持ちが働くこともあると思います。

私は利用しないまま切れてしまいましたが、無駄な買い物をしたくないので後悔はしていません。

 

メルカリの販売手数料は?

 

実はアメリカ版のメルカリがリリースしてまだ間も無い今がアメリカのメルカリを利用するチャンスです。

というのもアメリカ版のメルカリは現在、一切の手数料をプロモーション期間のためとらないのです。プロモーション期間がいつまでかは未定ですが、要するに売り上げたぶん全てが自分の手元にくるということです。(2015年11月現在も手数料は取られていません)アメリカでは中古品の売買はアマゾン、ebay、craiglistなんかが有名ですが、売り上げがそのまま入るというのは他にないと思います。

そのためか、現在メルカリのバイヤーはどんどん商品を販売していて、数秒単位でアイテムが追加されている状態です。

 

そしてもう一つ大きな利点、使いやすさがあります。

 

むしろ私は手数料を今後取られてもこの利点はかなりプラスだと思います。

 

アメリカのメルカリは送料がわかりやすく配送が断然簡単!

 

それは、送料を3ドル、7ドル、15ドルの3種類から自分の出品アイテムの重さにあったものを選んで出品するだけで、売り上げた時にメルカリから送料支払い済みの送り状がメールで届くんです。それを商品の袋に貼るだけ。

※2015年11月現在、送料は4ドル、6ドル、9ドル、15ドルの4種類に変更になっています。そしてFedExが追加され、USPSとFedExのどちらかが指定できます。

 

ただ、これはバイヤー(購入者)が支払う場合なので、フリーシッピング(送料無料)とした場合には自分で切手を貼るか、郵便局、またはFedExで支払わなければいけません。

その時に注意なのが、郵便局で支払うと送料が高くなる可能性が高いです。そうなると利益も少なくなってしまいます。

 

その理由は、メルカリが交渉して送料を安くしてくれているからなんです。

 

ここは日本と大きく違うところだと思います。日本のメルカリ利用時は送料無料が当たり前のようになっていたのと、そうでないと早く売れないため毎回郵便局に行っていて面倒だなと思っていました。売り上げが大きいものであればいいですが、そうでないと手間ばかりかかって利点がない、と出品をためらってしまいがちです。

 

そしてこれもアメリカでの良いサービスなんですが、アメリカではポストに送りたいものを入れておくと郵便屋さんが郵便を届けてくれた時に持って行ってくれるんです。このサービスを初めて知った時はかなり感動しました(笑)

ポストに入らないサイズの時は郵便屋さんが来た時に直接渡しても持って行ってくれます。

この方が、ポストに入れた商品が盗難にあったりということがなく安心です。そして目印にポストの横に付いている赤い旗を立てておくんです。

ちなみUSPS(アメリカの郵便局)ではネットで登録をしておくと、ピックアップサービスもしてくれます。まだ私は利用したことはありませんが、わざわざ郵便局に重い荷物を持っていかなくてもいいのはとても助かりますね。

 

そしてメルカリが発行してくれた送り状にはトラッキングナンバーが入っているので(これは自分が郵便局で送料を払うときにもトラッキングナンバーを入れないといけません、おそらく通常より高くなります)いつどこでどういう状態なのかがネットですぐ調べられるので、売り手も買い手も安心できます。

 

一番簡単でお得な方法は、送料をバイヤー(購入者)負担にしておいて、値段交渉は販売価格から値引き、売れたらラベルをプリントアウトして自分の商品の封筒や箱に貼ってポストに入れるだけ。どこにもいかずに家で完結してしまいます。

 

ちなみに日本同様、個々の販売アイテムをまとめて買うので安くしてという交渉はアメリカ版でもあり、その場合は送料が変わってくる場合があります。ここで注意なのは、取引成立後に送料を変えられないということです。なので交渉がまとまって送料が高くなる場合は購入者に知らせて、どちらが負担するのかを決め、購入者が支払うとなったら購入前に送料の編集をしておかなければなりません。

※こちらは2015年11月現在、商品の購入後に送料が変更できるようになりました。購入後のシッピングラベルを発行する画面で、プルダウンメニューから送料の変更ができます。

 

もし送料が違っていた場合は、返品されたり、もしくは売上金から引かれたりとなるようです。どちらにしても商品がなかなか購入者に届かなかったり売上金が下がったりといいことはないのできちんとアイテムの重さを測っておく必要があります。

 

ということで、私も始めて2週間たらずで4アイテム販売しました。売上金の振込も日本では1万円以下は手数料がかかりますが、アメリカ版は2ドル以上であれば振り込み申請できます。ただし、10ドル以下だと2ドルの手数料が引かれます。

 

そして私が少し気になったのが、メルカリは一切の模造品や偽ブランドアイテムの販売を禁止していますが、それにもかかわらず、本物でない有名ブランドが販売されています。タグのみを販売している人までいます。これは現在プロモーション期間なので監査が緩いのかどうかわかりませんが、自分が購入しようと思ったブランド品が本物であるか、保証書など証明できるものはあるのか聞いておくのも必要です。

 

※2015年11月現在、偽ブランド品はほぼ見当たらなくなりました。メルカリの取り締まりが強化されたんでしょうか。それでも新品と書いてあるのにとても安いブランド品もあります。その場合は『authentic?』と聞いてみるといいです。偽物だったらなんかごまかした返答がくるはずです。

 

ということで、私の感想ではアメリカ版メルカリは絶対的に使いやすくて今がものすごくお得!ということです。もしアメリカ在住、留学中であれば、いらないものをメルカリで売ってしまうのがとても楽チンで便利ですよ〜。

 

メルカリの売上金の受け取り方法

メルカリの売上金の受け取り方法も、日本版よりもずっと簡単です。

まず、さっきも言いましたが、売上が2ドル以上から申請できます。だからといって

『はじめの紹介ポイントで2ドルもらえるからもらったら即受け取り申請しよっと』

なんていうことはできません。(そんな人いる!?)

 

なぜなら『10ドル以下は手数料がかかる』からです。

その手数料は2ドル(笑)!

 

まあ、申請したら相殺されるってことですね(笑)

 

そりゃそうだ!

 

でも10ドル以上で申請できるというところがかなり便利ですよね。日本版は1万円以上でないと手数料がかかったはずですが(今はどうなんでしょうか)10ドルで申請できるとはかなりハードル低いのではじめやすいです。

アメリカ版メルカリは日本よりさらに『値引き交渉』が激しいですね。もう1ドル2ドルの戦いです!もともと安く出品していても絶対値引き交渉されると思っていいくらいです。

それなので、100ドル稼がないと支払いの受け取りに手数料かかるとなったら、利用者からクレームが出ると思います(笑)

 

そして支払い方法の指定は

銀行口座

口座名義人名

checking account番号

そしてroutine number(ネットで調べるとすぐ出てきます)が必要です。

それを入力しておけば、ポチッとするだけで10ドル以上の売上ならすぐに振り込み申請できます。

最大5営業日で口座に入金がされているので本当に便利!

 

メルカリで購入する場合の支払い方法

 

逆に購入する場合は

 
  • クレジットカード(デビッド機能でも可能)

  • ペイパル

 

のどちらかで出来ます。

もしくは

売り上げた金額をそのまま購入に当てる

こともできます。

 

カード社会のアメリカですが、カード犯罪も多いので、ペイパルを利用する人はとてもたくさんいます。ペイパルだと毎回カード番号を入力しなくて済むので安心ですよね。

 

アメリカ版メルカリで大変なこと

これだけ便利で簡単なアメリカ版メルカリですが、利用してみて少しだけネガティブな要素があったので、体験談として書いておこうと思います。

 

まず1つめに、

『絶対買うから取っておいてくれない?』という人に注意!

『I will definitely buy them, but can you hold until Friday?』

とかいう感じで聞いてきます。

もちろん売れそうだなーと思えば保留にしておいても構いませんが、以前にあったのは、保留にする前に散々値段交渉されて

『ここまでしかできない』という価格にしたうえで上のセリフを言われたのでオッケーしたんですが、

当日になって購入気配がない。

メッセージすると『ごめんなさい!実はトラブルがあって、銀行にお金が入金されるはずが来週の月曜にならないと入らないと言われたの。絶対買うから待っていてもらえない?』という返事。

たかだか10ドルくらいのものなのに

『そんなお金ないか〜?』

と思いつつ、拒否する理由もなかったので『いいですよ』と待ってました。

 

そして月曜になり、今度は『ごめんなさい、まだお金がなくて。。ところで金額をもう少しだけ安くしてくれないかしら。実は他に買いたい服が見つかってそっちと迷ってるの』

 

『はあ??』

 

という感じです。。^^;

 

ちょっと常識がないというか、この『銀行がどうのこうの』はおそらくただの言い訳です。

 

でもそういう人も普通に現れるのであまり買い手に優しくばかりしていると付け込まれる場合もありますよ〜という経験です。

 

そして次に

『満足評価の無理強いをする人』に注意!

 

これって日本版でもいるんでしょうか?

 

アメリカ版で初体験したのですが、購入まではとてもいい感じの人だったのですが、購入して送った後に

『お願いがあるんだけど、私たちとってもいいやりとりだったわよね?わかるでしょ?私もいい評価をするからあなたもしてね』

と購入後のやりとりでお願いされました。

 

もちろん不満はなかったんですが、こうやって相手に強引に満足評価をしろと言ってくる態度が気に入らず(笑)

『okay I will rate you good』とイヤイヤ(笑)返事すると、

『goodじゃなくてgreatよね!?カモン!私たち何も問題なかったでしょ。』

 

とこんな風にしつこく迫られ。。

 

そして言われた通りなかなか良いコメントをして満足評価をしてあげました。

 

そして相手からの評価をみると、

『満足評価ではあるものの、コメントは素っ気ない』という結果(笑)

 

そしてこの人の他の評価を見ても、相手からは素敵なコメントが入っていることが多かったんですね!

 

要するにみんなに満足評価を前もってしつこくお願いしているケースだったんです。

 

これってメルカリはどうかしてくれないんでしょうか。でもイヤな思いしたわけではないので良いんですが。

 

そして3つ目

『買い手に親切にしすぎる』のに注意!

日本人みたいに義理堅い人ばかりではないので、親切を利用する人は普通にいます^^;

 

こんなケースです。

『まとめ買いするから安くしてくれない?(これはしょっちゅう)』

そして価格が決まってから

『ごめんなさい!財布が盗まれてすぐに支払いできないの。でも私はこれがどーーーしても娘の誕生日プレゼントに買いたいから金曜まで取っておいてくれない?』

 

今度は銀行トラブルではなく財布が盗まれた!トラブルです(笑)

 

正直『ホントかよ』と思ってしまいます。

 

が、優しいので『オッケー!誕生日なら他に出品してる商品の二つの内一つの誕生日用シャツをプレゼントしようか?』

というと

 

『ありがとーありがとーありがとー!!!!シャツ2つよね?』

 

と、、1つゆーとるやん!

って感じで、ちょっと図々しいなと思い始めたので『もう一つ欲しいなら+3ドルでつけるよ』と返事。

この価格もたった3ドルで全く新品のシャツ2つつけるって言ってるんだから相当なオファーなんだけど、不満な彼女は

 

『さっきあなた、タダでつけるって言ったわよね』

と納得いかない様子。

 

そしてそれに対して返事しましたが、その後返事はなく。。

 

こういう人は普通にいますので、商品が安ければ安いほど、価格交渉をたくさんする人ほど注意が必要かもしれません。

良い人は価格交渉しないまま買ってくれますし。

 

 

ということで、こういうパターンもありますが、それでも自宅にいて不要なものをどこにも行かず(FedExはオフィスに持ち込みしないといけませんが)に手数料なく売ることができるのはこのメルカリくらいしかないのでやっぱり便利なツールであるんでしょうね。

 

 

 

 

13 Responses to “日本とアメリカのメルカリの違いは?アメリカのメルカリは今が絶対お得!”

  1. Saki より:

    はじめまして
    記事を読み疑問に思ったことがあるんですが、アメリカのメルカリに販売しその金額を振り込んでもらうときは、Savings Accountの口座でもいいんですか??

    • txdctlife より:

      はじめまして、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      メルカリの売上金の支払い方法はchecking accountのみが設定できるようです^^

  2. 香織 より:

    こんにちは。売上金の申請は10ドル以上とありますが、送料4ドル込みで9ドルで売り上げた場合、申請できないのですか?それとも手数料2ドルと送料4ドル引いた3ドルは申請できるのですか?そこがとてもわかりにくいのですが…どちらにしてもチェッキングアカウントの情報は登録しておかないとだめですか?

    • txdctlife より:

      香織さんこんにちは!コメントありがとうございます^^

      売上金の申請は$10以下でもできるようですよ。私は$10以下でしたことはないのですが、おっしゃる通り手数料$2が引かれるので、送料込みで$9なら送料分をひいた$3が振り込まれるはずです。
      チェッキングアカウントの登録は必要です。
      メルカリのヘルプセンターに問い合わせてみると確実かと思います^^

  3. ふくふく より:

    メルカリUS版に登録にはアメリカの携帯電話番号が必要ですか?

    • txdctlife より:

      ふくふくさんこんにちは!コメントありがとうございます^^

      はい、アメリカのメルカリを始めるには、”Real Person”であることの証明とアカウントの復活などの場合のためにアメリカの電話番号が必要です。
      電話番号を登録すると認証番号がテキストメッセージでくるので、それを入力して確認を取ります。
      ちなみに、以下の電話番号は登録できないとあります。

      International
      Prepaid
      VoIP

  4. mari より:

    はじめまして!
    日本に在住しててアメリカのメルカリで販売したいのですが、アメリカの口座がないとむりでしょうか?
    インストールはできたんですが。

    • txdctlife より:

      こんにちは!返事が遅くなってすみません!
      アメリカの銀行口座は必要です^^

    • Frankie より:

      I love this pevsiectpre! Too many people do not taking advantage of where they actually live. I’ve been guilt of this many times, and it resulted in me moving before ever exploring much of the area. For me, this was a valuable life lesson.

  5. なうなう より:

    usaのメルカリに登録する場合、
    usaに住所を持つ必要がありますよね?
    つまり住んでいること。

    • txdctlife より:

      なうなうさんこんにちは^^
      お返事遅くなってすみません!
      そうですね、住所は必要になるようで、PO BOXは使えないそうです(><)

  6. れい より:

    はじめまして、コメント失礼します。
    当方留学生で留学ビザなのですがメルカリで販売しても良いのでしょうか??>_<
    色々調べたのですがいまいちわからなくてここにたどり着きました。
    可能ならハンドメイド品を販売したいのですが…
    もしご存知でしたら教えていただけると幸いです。

    • txdctlife より:

      こんにちは〜
      留学生でも全然利用して大丈夫ですよー
      振込先の銀行口座が必要になります^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ