徳川美術館に行くならおすすめランチと絶品わらびもち!

最近徳川美術館が注目されているということです。なんでも「刀剣乱舞」というブラウザゲームの影響で有名な「名物 鯰尾藤四郎」が特別展示されるとからしいですが、こんなに全国的に徳川美術館が注目されるなんてすごいですね。

といっても徳川美術館はデートや名古屋観光でもとてもおすすめな場所なんですね。というのも、美術館の隣の庭園はとても綺麗で徳川アート美術館というだけあってアートな日本庭園なんです。ここをお散歩していると、庭園の絵を描いている人出会ったりします。

夏になると期間限定で夜間の開園もして、その際はロマンティックにライトアップされた庭園がいい雰囲気です。

紅葉の時期もとても綺麗なんですね。

 

もう終わってしまいましたが、ひな祭りの時期には大きな雛人形が飾られて圧巻です。なのでそういう期間限定の展示だったりを楽しみに定期的に訪れてみるのも楽しい場所なんです。

そして、もし遠方からくるのであればぜひ名古屋めしを味わってもらいたいですね。

名古屋めしで有名といえば

ひつまぶしの蓬莱軒

味噌カツの矢場トン

味噌煮込みの山本屋

手羽先の山ちゃんや風来坊

台湾ラーメンの味仙

ヨコイのあんかけスパ

天むすやエビフライ。。。

もはや有名すぎるくらいのお店たちですね!

 

でも今回は知る人ぞ知る!?わらびもちの名店を紹介しようと思います。

それが「芳光」という和菓子やさんです。プルプルの弾力わらびもちにあんこが入って、もうこのあたりではかなり有名な名店なのですが、発送はしていないのでここにこないと食べられないのです。4個入りで1180円というお値段もお土産にするにはちょうどよいし、必ず喜んでもらえると思います。

夏場は痛むのであえて製造しないということなので、やはり品質にもかなりこだわっているのがわかりますね。

わらびもちって最近では1年中食べられていますもんね。

私の友人もよくみんなで集まる時には箱いっぱいのわらびもちをお土産に持ってきてくれます。

美味しいものを食べると幸せになりますね!今回の徳川美術館訪問のついでにぜひ寄ってみて欲しいです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ