マライア・キャリーの彼氏ブライアン・タナカはどんな人?元婚約者ジェームズ・パッカーが嫉妬したダンサー

Gossip

マライア・キャリーは2016年に億万長者ジェームズ・パッカーと婚約破棄していますが、その後はどんな恋愛をしているんでしょうか。ジェームズはミランダ・カーに1200万円のダイヤのピアスをプレゼントしたり、マライアには6200万円のネックレスをプレゼントという桁違いのお金持ちです。その彼氏のあとにマライア・キャリーと付き合いたいという人はなかなかいないような気もしますが、実は当時ジェームズがやきもちを焼いていた相手がマライアの現在の彼。日系人バックダンサーの彼とは一体どんな人なんでしょうか。

スポンサーリンク

元カレは資産3000億円以上の大富豪

大富豪ジェームズからの桁外れのプレゼント


2019年、オーストラリアで9番目の大富豪となったジェームズ・パッカー。資産3000億円以上と言われています。一方、そのジェームズと交際していたマライア・キャリーは2020年の現時点で資産320億円以上だと言われています。

 

そんな二人の交際はとにかくスケールが半端なく大きい。お金で買えるものは何でも手に入る二人にとっては一般人が全く想像できないライフスタイルを送っていたようです。

 

その一つが、マライアのベガス公演直前にジェームズがプレゼントした6200万円のダイヤモンドのネックレス!


 

マライアのラスベガスでの公演でマライアの虜となったジェームスなのでこのベガス公演というのは特別だったのかもしれません。ラスベガスのシーザーパレスでステージに立つ直前にジェームズからサプライズプレゼントされたものだったため、マライアにとっても当時最高のステージになったのではないでしょうか。

 

ダイヤモンドのネックレスといってもホワイトダイヤではありません。

 

ホワイトダイヤは一般人が手に入れられるものは100万円くらいするものでも、原価はかなり安かったりします。今やオンラインで質が良くて安いホワイトダイヤはいくらでも手に入ります。


実は私は過去にNYでジュエリーメイキングを学んだことがあるのですが、その先生はセレブのジュエリーをデザインするなど大成功している先生でした。そして10年くらい前の当時、先生が注目していたのはカラーダイヤモンド。ホワイトダイヤモンドは価格がオンラインでわかってしまうため、デザイン性があっても価値が上がりにくい、カラーダイヤモンドは希少性も高いため、価値が上がりやすいとのことでした。

 

そしてマライア・キャリーがジェームズ・パッカーからもらったのが希少価値が高く大きなサイズの珍しいイエローダイヤモンドだったのです。


欲しくてもなかなか手に入らないものです。

 

超貴重で超高価なイエローダイヤモンド

 

ジェームズがプレゼントしたのはなんと18カラットのハートシェイプのイエローダイヤモンド!!

 

そもそも18カラットのダイヤモンドというだけでもすごいですがイエローダイヤモンドで、ハート型。一般人はお目にかかることが一生ないだろうというダイヤモンドのネックレスなんです。

 

それがこちら


 

この距離ではっきりとハート型とわかるペンダントトップスは普通はジルコニア(ダイヤモンドにそっくりな石)かクリスタル。それがホワイトでもなく本物のイエローダイヤモンドです。家を買うのに6200万円払う人が既にお金持ちレベルなのにそのお金をネックレスに使ってしまう余裕。言葉を失ってしまいますね。

 

マライアはステージ直前だったこともあってテンション上がったようで、観客に「my new heart(私の新しい恋人)」とハート型のネックレスは現在の恋人からのものだと紹介して大ヒット曲『Hero』を歌い、ジェームズにありがとうとお返しをしたそうです。

 

このベガス公演を見ていた観客も相当盛り上がったようです。場所がベガスというだけあって、ド派手な演出やスケールの大きな話は観客にとっても興味深かったのではないでしょうか。

 

そしてこんな素敵なプレゼントに自身の大ヒット曲でお返しができるというのがかっこいいです。

 

自分自身がお金持ち!マライア・キャリーの超豪華クローゼット

 

今まではどちらかというと貢がれるより貢いできたマライア・キャリー。長年の夫だったニック・キャノンはマライアと結婚したときはかなり格差婚だったのですが、離婚したときにもマライアからお金をもらおうと必死だったよう。

 

 

キャリアの長い大スターのマライアはかなり豪華な生活を送っていますが、彼女のクローゼットの中もやっぱり世界が違います。

 

それがこちら


 

目が痛くなりそうなほどキラキラに輝いているシューズ。このクローゼットの大きさも凄いですがこの上の画像の棚いっぱいに靴しか入っていないのはさすがセレブですね。しかも当然お手入れしているため、履いた形跡のないようなきれいな状態の靴なので、お店かと間違えそうです。

 

これだけのスペースがあるからこそ、いろんなカラーや形の靴がここまでスッキリ綺麗に収納できるのでしょう。セレブのクローゼットはとにかく見た目が美しい!

 

そしてこのピンクのかわいいチェアーがマライアらしい感じがしますね。

 

 

世界の歌姫なのでこれが普通だと思いますが、こんな彼女を持てるだけの経済力と器のある男性は実際なかなかいません。そのため、大富豪ジェームズとの交際はかなり注目されたのです。

 

婚約破棄!そして現在の彼は…


破局のきっかけになったのは、ジェームズの友人ケリー・ストークスが結婚に反対したことだったようです。

マライアと交際していた時のジェームズは実はうつ状態で妄想症やアルコール依存症とも闘っていたという暗黒の時代だったそう。精神的に落ちている彼が結婚できる状態ではないことを心配した友人がマライアと一緒にイスラエルにいたパッカーを迎えに来てそのまま連れていってしまったのです。

 

これにマライアは激怒し、『誘拐した』として訴えると強い口調でケリー・ストークスに迫ります。そして行方をくらましたジェームズに怒ったマライアは婚約を解消し、35カラットの巨大な婚約指輪も返却しないまま売ってしまったとか。

 

ただ、一方でジェームズがマライアの金遣いの荒さにも嫌気がさしていたという報道や、マライアがリアリティー番組で自分たちの結婚生活をさらす可能性も恐れていたということもあり、いろんな要素が絡み合って破局になったのかもしれないですね。

 

凄いのは交際のスケールだけでなく破局したときの和解金。

 

マライアはジェームズと結婚するためロサンゼルスに引っ越したことで仕事に影響が出たという理由でその損失を補償して、とバトル勃発。最終的に5000万ドル(50億円)の支払いで和解したとdaily mailが報道しています。

 

交際も婚約解消も桁違いの支払いが発生して、ジェームズ・パッカーもさすがに今後女性と交際するのが怖くなるかもしれないですね。

 

その後、マライア・キャリーは以前から仲が良かったバックダンサーの36歳、ブライアン・タナカと交際。二人はマライアの婚約中から親密だったそうで、これにジェームズが嫉妬していたとか。


婚約解消後は、二人は交際と復縁を繰り返し、今現在はうまくいっているようですね。

 

ブライアン・タナカは日本人とアメリカ人のハーフで、マライア・キャリーの長年のバックダンサー。アメリカ生まれで日本語は話せないよう。

振付師でもともとはビヨンセのバックダンサーから始まり、マライアとは10年以上の付き合いがあるようです。

 

マライアは婚約解消後からこの13歳年下の彼と付き合い始め、収入はジェームズ・パッカーと比べ物にならないとはいえ、188㎝、80㎏で筋肉ムキムキの体格の良さ+若さとかっこいいルックスでとても刺激的な毎日を送っているのだとか。

 

このブライアン・タナカは、セレブのバックダンサーや振り付けで大活躍していて資産約1億円と言われているので、一般人からしたらお金持ちですよね。

 

マライアと交際したことで注目もされているので、この先別れたとしてもキャリアの心配はなさそうですが、もしかするとこのままマライアの3番目の夫になるかもしれないですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました