保険なし!アメリカで医療費が支払えなかったらどうする?

LIFE

アメリカの医療費はとにかく高いことで有名です。そしてアメリカ人はなかなか医者にかからないことも知られています。一方、子供は大人に比べると優遇されています。日本の様に子供の医療費が無料とはいきませんが、貧しい家庭には無料となる制度もあります。今回は、本当に無茶苦茶だと感じるアメリカの医療制度の例を紹介します。

スポンサーリンク

めちゃくちゃ1:自己負担額

例えば、風邪が長引いてるな、という時、日本なら近くの医者に行って薬を処方してもらい、併設している薬局で薬を受け取ります。支払いはそれぞれ3割負担。どの医者に行こうが国民健康保険を払っている限り3割負担です。

 

ところが国保のないアメリカでは、この単純でスムーズな行動がとることができません。

とにかく二言でいえばアメリカの医療制度は「めちゃくちゃでめんどくさい」

 

 

めちゃくちゃでめんどくさい理由は、

 
・保険に入っていても行く病院によって負担額が違う
・忘れたころに巨額な医療費の請求がくることがある
・薬はいちいち別の場所に受け取りにいかなくてはいけない
・薬ができるのに時間がかかる
 

やはりめちゃくちゃの極めつけが「負担額」

 

保険のない私の知り合いが一日病院で検査を受けたあと、受け取った請求書は約2000ドル。

 

保険加入の私の子供が3歳くらいのころに頭をぶつけて病院に行ったあと、送られてきた請求書は1700ドル。

 

1回の通院でなんと20万近くの請求がきたのです。

 
アメリカでインフルエンザにかかったら?タミフルを実費で払った値段に驚いた!!

めちゃくちゃ2:値切れる


 

これは日本では考えられませんが、アメリカでは医療費は「値切れ」ます。

値切れるといっても誰でもいつでも安くなる、ということではなく、

 
支払い能力が低い(またはない)場合、支払い方法や額を相談できる
 

前述の知り合いの女性の場合、海外からアメリカに引っ越してきたばかりで夫は仕事に就いておらず、本人は専業主婦。

 

支払いができない、と電話で連絡をしたところ…

 


じゃあ750ドルでいいですよ(と言ったかはわかりませんが)

 

 

と電話一本で半額以下に。

 

しかし、それでも難しいと交渉すると、

 


いくらなら支払えますか

 

と、交渉の結果、200ドルの支払いとなりました。

 

そして前述の、子供の医療費1700ドルも交渉の結果減額に。

 

さらに、数年前には、子供が唇を切ってERに駆け込んだことがあったのですが、医師の診察は2、3分。その内容も医師から「自然に治りますから大丈夫ですよ」の一言。処方箋はなし。

 

この数日後に25ドルほどの請求書が届きました。そうか、保険も入ってるし払える額で良かった…とほっとしていると、その数日後に750ドルの請求書が。

 

これぞアメリカ…(;゚Д゚)!

 

すでに友人知人の体験談を聞いていたこともあり、

来たか…と思いながらもシングルマザーになって間もなかった自分には支払い能力がなかったため支払う気はなし。

 

一瞬このまま無視していようかという、よからぬ気持ちが頭をよぎりましたが…

 

 
請求書を無視するのは絶対ダメ

 

踏み倒そうと、請求書はこなかったことにして無視するのは絶対いけません。

 

90日以上経つと、請求書は取り立て業者に送られ、そこからしつこい電話がかかってくることになります。

 

 

万が一これも無視し続けるとどうなるか…

 

 

 

・クレジットヒストリーに大打撃を受ける

・最悪裁判となる

 

この上記はアメリカで生きていくうえで絶対に避けたいことです。

 

 


でも本気で払えないんです

 

そうなった場合は電話で交渉します。

 

そのため、電話で英語で(当然)交渉する力をつけることは必須です。

 

 

ただしその前に…

 

めちゃくちゃ3:請求内容が間違ってることがよくある

 

請求書が送られてきたときに、まず見るのは請求額かと思いますが、その額にあごが外れそうになり、「電話しなくちゃ、どうしよう」とオロオロする前に、しなくてはいけないことはこれです。

 
請求書の詳細を確認する
 

本当にやっかいなのですが、してもいない検査、受けてもいない処置などが請求書に載っていることがあります。

要するに間違いです。

 

悪意ではなく単なるミスかとは思いますが、これが意外とよくあるのです。

 

 

そのため、まずは請求されている内容が本当に自分が受けた内容なのかを確認しなくてはいけません。そのうえで満額支払えるならすぐに支払い、支払えないのなら相談をしなくてはいけません。

 

めちゃくちゃ4:とにかく時間がかかる


日本と比べると天と地との差があるアメリカの医療制度。とにかく何かと時間がかかります。

 

 

何に時間がかかるのか…

 

・ 保険に関するリサーチ

・ ドクター(診療所)のリサーチ

・ アポ取り

・ 薬の受け取り

・ 請求額の交渉

 

本当に全ての工程で非常に時間がかかってむかつきます。シングルマザーにとって時間は命。

 

「悪いけど、病院調べといて」

 

なんて頼める相手はいません。

 

なので病気にならない、けがをしない生活を死守するようにしています。

 

が、そうやっても避けられないのは子供の病院通い。

 

子供は体が小さく病状の変化も早いため、体調がおかしいとなればすぐにアポを取りますが、自分はとにかく健康に気を付けて乗り切ります。

 

現在子供は保険加入、(元夫の保険加入)自分は保険未加入です。保険に入っても高額請求は時と場合によって避けられないため加入するかは未定です。

 

また、次回は、

 
保険なしで医者にかかったが、請求額は日本と同じくらいだった
体験についても書いていこうかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました