収入世界一!ライアンズワールド、父は日本人、母は窃盗で捕まっていた

YouTube

今やYouTubeを観ている人、(特にキッズ系のチャンネル)で知らない人はいないほど有名になった8歳のYouTuberライアン君。立上げたった3年ほどでTV番組を持ち、グッズがスーパーで売られるほど人気となりました。その彼の両親に驚きの過去が。母親に逮捕歴があったのです。今回は世界一のキッズYouTuberを育てた両親について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

世界一のキッズYouTuberになるまで


 

ライアン君の『Ryan’s Toy Review』が始まったのは2015年3月。今は『Ryan’s World』と名前を変えていますが、開始3年くらいはこのわかりやすいネーミングでした。

 

 

ライアン君がおもちゃで遊ぶ自然な姿をお母さんが言葉でフォローしながら撮影するスタイルで、『楽しそう』に遊ぶえくぼの可愛いライアン君はあっという間に人気者になりました。

 

2015年は全く無名の一般人家庭の一人息子だったライアン君。今は双子の妹たちも一緒にYoutubeに出演しています。当時からチャンネルを親子で見続けてきた私たちにとっても、『ここまで成功するとは』とYouTubeの影響力にビックリでした。

 

 
2015年は私がYouTubeを始めた年です。ライアン君のチャンネルは視聴者として観ていたのではなく、成功の秘訣を分析するために観ていた、という感じです。
 

 

そしていくつかの成功ポイントを持つライアン君のチャンネルはみるみるうちに登録者が増えていきました。

 

 

この成功ポイントに関してはこの記事で分析しています。


 

 
そしてたった1年半でライアン君にはスポンサーがつきます。
 

 

そこからもキッズ番組のスポンサーが本格的につき始め、チャンネル登録者が1000万人を超えていきます。(現在は2340万人)

 


 

そうしてついにライアン君のオリジナルグッズが作られ、大手スーパーやデパートで売られるようになったのです。

 

そしてアメリカの子供番組Nickelodeonでライアン君の番組『Ryan’s Mystery Playdate』がスタートすることに。

 

 

そうなった頃にはもう誰もこのチャンネルの勢いを止められなくなり、2019年もぶっちぎりの1位です

 


もうこの記録は今後しばらく誰も更新できないでしょうね。勢いがすごすぎます。

 
 

 

そんなスターのライアン君を育てた両親が気になる


私は2015年12月からYouTubeを始めたので、当然ここまで有名になる前からこのライアン君の存在も知っています。

 

さっきも書きましたが、娘が「Ryan’s toys review (当時)」の動画を楽しそうに観ている一方で私は『配信する側』の目線で成功のポイントを分析していたのです笑

 

ずっと両親について気になっていたのですが、このファミリーはプライベートは(本名やどこに住んでいるかなど)秘密にしてきました。(弁護士も早い段階から雇っていたようですね)

 

 

今回、彼の両親について書くかは少し迷いました。

 

 
それはライアン君の母が『窃盗犯で捕まっている』からです。
 

 

でも、誰にでもいろんな過去があります。今回私が驚いたのは、自分のイメージしていたこの家族とは全然違っていたことで『誰でも成功するチャンスはあるんだな』と良い刺激を受けたので、書いていこうと思います。

 

ライアン君のお父さんは東京出身


ライアン君は『Ryan Kaji』と名乗っていますが、これはYouTube用の名前。ファーストネームはライアンですがラストネームは『Guan』

日本名は『Haruto(はると)』『Ryan Haruto Guan』が本名となるようですね。

 

 

今やTV番組を持ち、スーパーのおもちゃ売り場で大きなスペースを陣取ってオリジナル商品を販売していますのでプライベートを完全に隠すというわけにはいかなくなっていると思いますが、本人たちは当然その姿勢だろうと思っています。

 

 

ところが、有名になればなるほど世間は家族に興味を持つものです。

 

 


とくに秘密にされるとますます気になる…

 

 

私がこのチャンネルを観ていて知っていたのは『お母さんは科学の先生、おとうさんはエンジニア』だけでした。

 

 
今は両親はそれらを辞めてライアン君に関する4つの事業で働いています。
(働かなくてもお金は腐るほどあるでしょうし)
 

 

 

幸せそうな家族を見ていて、『お母さんは先生をしていたから、こんなに子供の興味をそそったり誘導するのがうまいんだな』『お父さんはとっても優しそうで、ライアン君を引き立てるのが上手だな』とずっと思っていました。

 

そんな両親がアジア人であることは一目瞭然ですが国籍は意外と知られていません。

 

 

ライアン君の母親はベトナム人

ライアン君の父親は日本人

ライアン君はアメリカ人

 

出生地ベースなので、ライアン君はもしかして日本国籍も持っているかもしれないですね。

ちなみにうちの娘も日本とアメリカの両国籍をもっています。

 

ライアン君の父の名前は『Shion Guan』東京生まれの日本人。

1987年9月13日生まれの31歳。

 
今は8万ドル(約880万円)するポルシェ『Porsche Macan GT3 SUV』に乗っています。
 

一家はアメリカのテキサス州に家を3件所有しています。もし興味あればこちらの記事で紹介していますので覗いてみてください。

 
 

 

そして母の本名(旧姓)は『Kieu-Loan Thi Nguyen』友人たちには『Loan』と呼ばれているそうです。

1984年4月23日生まれの35歳。

 

Loanさんはベトナム人の移民の両親のもとに生まれ、テキサス州ヒューストンで育っています。

 

そのLoanさんの衝撃の過去というのは、

 
『18歳の時に窃盗で捕まった』
 

こと。そして

 
翌年、30日間服役します。
 

 

 

きっかけはショッピングモール内のデパート『JC Penney』で、『洋服6点計93ドル相当の商品を盗もうとした』ところを警備員に見つかり、警察に連れて行かれたことでした。

 

 


 

当時18歳でヒューストン大学に通っていたLoanさんはClass Bの軽犯罪で60日間の服役となりかけますが、代わりに

 

 

罰金150ドルに加え、6か月の執行猶予期間を与えられます。

そして40日間のコミュニティーサービスと不定期に尿検査を受けるように言い渡されました。

 

しかしLoanさんは、

 
コミュニティーサービスを1日も行わず、責任者への連絡もしなかった。
義務付けられていた違反者のID携帯も怠った。
 

のだそう。

 


やってしまいましたね。。。。

 

これは私のイメージするライアン君の母とかけ離れていたので衝撃を受けたのですが、、、窃盗で逮捕はともかく、責任を果たさなかったことはさすがにダメでしょう。

 

そのため、翌年、19歳のLoanさんは再び逮捕されてしまったのです。

 

 
そして60日間の服役を言い渡されました。
 


 

結果的に30日間で出所。

 

その後教師になろうと思ったLoanさんは『Texas Tech University 』に入学します。

 

そして教員資格を得たLoanさん。

 
2012年、ライアン君が1歳のとき、高校の『Chemistry(科学)』の先生となったのです。
 

英語も教えていたそうです。

そして、この『Texas Tech University 』でのちに夫となるShion Guanさんと出会ったのでした。


 

Shionさんは日本からテキサス州に来て大学に通いながら、友人と大好きなゲームに夢中になっていました。

 

 
交際していた二人の間に2011年、ライアン君が生まれ、修士号を取るためNYにいたShionさんがテキサス州に戻り、二人は2013年8月に結婚しました。
 

Loanさんが逮捕歴があることが知られたのは2019年9月のことでした。その後、17年前のこととはいえ、窃盗で捕まったうえに義務を怠り服役したというのは、多くのライアン君ファンやファミリーを応援するファンにかなりの衝撃を与えています。

 

 

一方で、過去は過去、今なにか盗んだりしているわけでなければこの件はそのうち忘れられていくと思います。

 

 

とはいえ子供の番組である以上は、やっぱり毛嫌いする親はいるかもしれません。

 


 

 
ただ、私はやっぱり、ここまでチャンネルを育てたのも、息子が一流のYouTuberとして表現力豊かに育っているのもLoanさんの力はすごいと思います。
 

 

夫のShionさんも穏やかなイメージがありますが、うまくバランスの取れたファミリーだなと感じています。

 
まとめ
 

世界一稼ぐYoutuberの両親の意外な過去でしたが、みなさんはどう感じたでしょうか。

 

私はやっぱりYouTubeを始めた時期が同じくらい(ジャンルは全然違いますが)なのでいろんな思いがありますが、もともと『優しい旦那さんもいて、お母さんは教師という素晴らしい過去があるからこそできるんだろうな』と思っていたのをいい意味で裏切られて良かったです。

 

『私は大した経歴がない』『過去は散々だった』という人でも、たった数年でく違う世界で生きることができるという事実はとても励みになりますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました