【アナ雪2ボツになった泣ける幻のシーン】DVD・ブルーレイ発売日は2月25日!消えたシーンではアナが両親の言葉に涙

Entertainment

アナと雪の女王2のDVD、ブルーレイの発売は2月25日から!噂では3月だとか言われていましたが、もう間もなく配信されるんですね。アメリカでは2月11日からオンライン映画配信サービスで配信が始まります。これは楽しみです。

そんな中、アナ雪2の映画の中で、カットされてしまった感動のシーンがあったと話題になっています。それは両親がアナへの想いを語る貴重な場面!消えてしまったそのシーンはどんな内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

アナと雪の女王2、DVD・ブルーレイ発売日

ファンが待ちわびているDVD・ブルーレイの発売日は2月25日。そして一足早い2月11日からアメリカの動画配信サービスで配信が決定していますが、どの動画配信サービスで視聴できるのでしょうか。

 

ということで以下がアメリカの主な動画配信サービスの配信予定状況です。

 

 

Vudu…購入19.99ドル(2月11日)

Hulu(アメリカではDisneyの傘下)…Disney+で配信(4月か5月ごろ)

Netflix…配信なし

Amazon Prime…購入19.99ドル(特典付き)、4K版24.99ドル(サイトに公開日付表示なし)

YouTube…HD購入19.99ドル、UHD24.99ドル(2月11日)

 

ディズニーが『動画配信サービスは2月11日に開始』と発表、もう間もなく一部の動画配信サービスで配信が始まります。

 

動画配信サービスといえば、アメリカでは今までNetflix(ネットフリックス)が一人勝ちでしたが、2019年11月12日よりディズニーが独自の動画配信サービス『ディズニー+』をアメリカ、カナダ、オランダで開始

 

これからはTV業界ではなくストリーミング配信をしていかないと生き残れないということからディズニー独自の動画配信サービス開始となったようです。

 

確かに、私も半ば強引にTV契約させられましたが(AT&Tに)TVなんて全然観ておらず、実際にはYouTubeやNetflixなど動画配信サービスを利用しています。(Disney+が開始になったのでHuluとのセット契約に変更予定ですが)

 

アメリカのSmartTVはもともとNetflixアプリが入っていたりROKUなどのデバイスを繋いでストリーミングサービスが視聴できるようになっているため、TV契約なんていりません。実際にTV契約する人は激減しているそう。

 

このROKUというのは、メディアストリーミングデバイスとしてアメリカで圧倒的なシェアを獲得している端末です。

このデバイスをTVにつなげば、アメリカで配信されている多くのストリーミングサービスを視聴できるようになります。

 


 

日本ではこういうデバイスはないため、初めてアメリカでROKUを見た時には『なんだこれ、どうやって使うの』と戸惑いました。

 

今はさらに便利になってスティックを差し込むだけのタイプが主流になっているそう。私は上記のタイプを使っているのでこのスティックならさらに便利だなと感じます。

 


 

 

こんな風に『時代はストリーミングサービス』となっているため、天下のディズニーでさえ、このストリーミングサービスを始めないと、うちも死ぬぞ、と思ったそうです。

 

そしてディズニーがサービスを開始したことによって『有料ストリーミングサービスに地殻変動が起きる』と言われています。

 

Disney+の開始によってNetflixの株価は下落。Disney+は月額料金がネットフリックスの8.99ドルよりも2ドル安い6.99ドル。さらに年間契約すれば69.99ドルと2か月分もお得

 

とはいえ、Disney+はディズニーの映画やエピソードに特化しているため、他のエピソードや映画を視聴したい場合は傘下のHuluとセット契約にすることができます。

Huluのみだと月額5.99ドルですが、Disney+、さらにスポーツに特化したESPN+もセットになった契約は月額12.99ドル

 
Netflixの月額8.99ドルは一番安いプランで同時再生は1つのデバイスのみ。月額12.99ドルでデバイス2つ、15.99ドルで4つ。Disney+は月額6.99ドルでデバイス4つ同時再生可能、アカウントは7つまで作れて、ディズニーキャラクターのアバターを設定できます。
 

つまり、4つのデバイス同時再生プランで比べるとHulu、Disney+、ESPN+のセット契約12.99ドルはNetflixより多くの映画やTVエピソードが見れて安い、ということになります。

 

 

そしてこのDisney+はサービス開始後、たった一日で1日で320万ダウンロードというから本当にNetflixと逆転する日が来るかもしれないですね。

 

残念ながらDisney+は日本での開始は未定だそうですが、現在日本ではNTTドコモと提携して配信する日本独自の『Disney DELUXE』があります。これはDisney+とは別物とディズニーが発表しているものの、両者の違いははっきりしていません。

 

ただ、今後徐々に世界に拡大していく予定で、日本を含むアジアパシフィックは今後2年以内にサービスが開始されるとのことです。

 

全く衰えないアナ雪2の人気


2019年11月のサンクスギビングホリデーが始まる日に公開されたアナ雪2。私たちも公開日当日の22日に映画館に行きました。

 

早くから話題になっているため、当日はチケット売り切れ続出、混雑、を予想していたのですが、実際に行ってみると『チケットは余裕で取れたし席も結構空いてる』状態でした。

 

『あれ?』と肩透かしをくらった感じでしたが、一日に何度も上映しているし、きっとサンクスギビングホリデーで家族が集まったときに一緒に見に行っていたのでしょうね。その後、何度か映画館に観に行きましたが、初日よりたくさんの人が入っていました。

 

そして、今回のアナ雪は、キャラクターの声優たちのインタビューや映画の裏話、メイキング映像などがディズニーはもちろん、各メディアからたくさん配信されています。

FROZEN 2 Behind the Scenes – Clips, Songs, Outtakes & Funny Bloopers (2019)

こういったメイキング映像もストリーミングサービス(Disney+)で配信されるようですが、アニメーションの制作を見れる機会(しかもディズニー)はなかなかないので本当に興味深いです。

 

そんな中に、『ボツになったネタ』の話が…。

 

どの映画も没ネタがあるにしてもアナ雪2の没ネタは特に気になります。

 

例えば、アナが魔法の森で剣を持って構えるシーンは、始めはクリストフの剣を抜いてカメラの方に振りかぶろうとしていたのですが、このシーンはカットされました。

 

 


 

でもこのシーンをどうしても残してほしいというファンの希望のために、形を変えて本物の剣ではなく氷の剣を持つ、あのシーンに変更されたそうです。

 


 

確かに本物の剣はこの映画にはかなり刺激が強いですね。^^;

 

でも前作でマシュマロウに向かって雪を投げたときのように、アナはエルサに負けず勇敢であることは間違いありません。

 

 

アナを泣かせた、エルサとアナの両親の会話

そして、他にもボツになったシーンの中でとても重要なシーンがあったのだそうです。

これがInsiderに掲載されると、あっという間に全米で話題に。

 

それはなんと

 
エルサとアナの両親は、アナに今まで隠していたエルサの魔法を打ち明けるつもりでいた
 

というもの。

 

Frozen 2 | Deleted Scene: "A Place of Our Own"

エルサはアナに両親の想いを知らせようと、『水の記憶』を呼び起こし、アナに二人が会話している場面を見せるのです。

 

 

この中でイドゥナは、エルサの魔法のことをアナに伝えるかアグナル国王に相談しています。

 

『ねえ、あなた、私ずっと考えていたんだけど、、、

そろそろアナにエルサのことを話してもいい時期じゃないかしら。アナに隠し続けていることがもう耐えられないの。もうあの子は立派な大人に成長しているし、ちゃんと責任を負えると思うの。』

 

『私が心配しているのはアナの事じゃないんだ。もしあの二人がまた親しくなってエルサの感情が高まってしまったら…喜びの感情は恐れの感情と同じくらい強く彼女のパワーを引き出してしまうんだ。』

 

『でも、、もしも誰かがエルサを救えるとしたら、、それはアナなのよ』

 

『そうかもしれないな…あの子にできないことはほとんどないからな』

 

『あの子の愛は世界中の人たちだって支えられるわ』

 

『彼女がいて皆幸運だな』

 

『わかった。帰ったらアナに話そう』

 

 

何もしらないまま仲の良かった姉と何年も会わせてもらえずにいたアナ。両親に対して『パパやママは私のことを本当に信用してくれていたの?どうして私は締め出されていたの』とずっと疑問に思っていたのです。

 

両親の想いや真実を知った瞬間、アナの目から涙が…。

 

涙を浮かべてエルサにお礼を言いながら抱きついたのでした。

 

このシーンがカットされてしまったのはとても残念ですね。これが入っていたら、たぶんまた一つ涙を流すシーンが増えていたと思います。

 

こんな幻のシーンを想像しながら、間もなく公開される動画配信サービスや25日のDVD発売を楽しみに待ちたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました